CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
野菜たっぷり すいとん鍋
20140303すいとん鍋-2.jpg


今日は夫が休暇で家にいます。
一昨日、昨日と福島の実家へ行ってきたのですが、
恐れていたほどは寒さが厳しくなく、むしろ今日の東京の寒さが身にしみます。
そんなわけで、温まりたいねと、朝昼兼用ご飯は野菜をたっぷり入れた具沢山のすいとんにしました。


すいとんはうどん粉200gに水100g、塩小さじ1弱。
ホームベーカリーで捏ねて、さらに手で捏ねて1時間ほど休ませ、一口大にちぎりました。
鍋に加える前に、熱湯で7〜8分茹でます。

他の具材は、鶏肉、油揚げ、大根、人参、長葱、小松菜、舞茸です。
だし汁に、味醂、薄口と濃口の醤油で。
小松菜は最後の最後に加えて、一煮立ち。


素朴だけど美味しくて身体も温まりました(*´ー`*)。



20140303すいとん鍋.jpg


土鍋にいっぱい!
・・・土鍋って具沢山にすると結構山盛りになっちゃうんですよね^^;
野菜たっぷりにするときは、本当は半寸胴鍋でも使うといいんですけど、つい。
汁が溢れそうになるので、煮込んでいる途中で別の小鍋に取り出し、
すいとんが汁を吸い込んで減ってきたところでまた戻す、、なんて感じでした(*´m`*)。


今週はまた寒さが戻るようですが、それでも花粉はしっかり飛んできているし、、
春はもうそこまで来ているのでしょうね^^







************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 12:38 | 家ご飯-煮込み料理&鍋 | comments(0) | - |
牛タンと白いんげんのシチュー
20140126牛タンと豆のシチュー.jpg


多分似たようなものは何度かアップしていると思いますが、先週の土曜日の備忘録として。
なかなか美味しくできたと思います。
これはまず牛タンをごく柔らかく煮ることからしなければならないので、
ちょっと手間といえば手間なのですが、そこまで頑張ればあとはあっという間、間違いなく美味しくできます^^


【材料】
牛タン … 1本(1キロくらい)
白いんげん水煮缶 … 2個
トマト水煮缶 … 2個
玉ネギ … 1個
塩・胡椒 … 適量
リーペリンソース … 少々
オリーブオイル … 適量

※牛タン下ごしらえ用
玉ネギ … 1個
人参 … 1個
セロリ … 1本
塩 … 牛タンの0.015%

【作り方】
※牛タンの下ごしらえ(茹でタンを作ります)
牛タンは冷凍の場合は夏場なら冷蔵庫で、冬場なら室温で解凍します(1晩くらい)。
タンに塩をすり込み、キッチンペーパーで包み、さらにラップで包んで半日くらい冷蔵庫に置きます。
牛タンを茹でこぼし、洗います。
大きな鍋に、牛タン、ざく切りにした香味野菜、かぶるくらいの水を入れて火にかけます。
煮立ったらアクを取り、すぐにごく弱火にし、そのまま3時間ほど煮ます。
牛タンを取り出し、煮汁を漉し、再び鍋に牛タンと煮汁を入れてごく弱火で煮込みます(煮立てない)。
4〜5時間煮たら火を止め、同じくらいの時間置き、また火にかける、という作業を2〜3日続け牛タンを十分柔らかくします。

鍋にみじん切りにした玉ネギを入れてオリーブオイルを回しかけ、弱火で炒めます。
玉ネギが透き通ってしんなりしたら牛タンを入れ、トマトの水煮缶を手で潰しながら加えます。
牛タンの茹で汁を適量と白いんげんを加えて弱火で煮込みます。
味をみて、塩少々とリーペリンソースで整え、胡椒を挽きます。


20140125牛タンと豆のシチュー.jpg


牛タンの茹で汁に旨味もあり、結構塩気があるので、シチューにする時はほとんど味付けはいらないと思います。
とろけるぐらいトロトロに煮込んだ牛タンは本当に美味しいですよ^^


20140125牛タンと豆のシチュー-4.jpg


今回は牛タンは2本仕込んで、1本はシチューにし、1本は茹でタンで食べました。


20140125ゆりり亭-15.jpg


↑これは、この前の記事にも載せている写真、茹でタンです。


20140125牛タンと豆のシチュー-3.jpg


夫と2人ではなかなか食べきれる量でもないし、下ごしらえの手間を考えると
やっぱり大勢で食べられる時のおとっときの料理かなと思います(*´m`*)。

1度圧力鍋で作ったこともあるのですが(多分それでも美味しくできたはずですが)、
やっぱりこの料理に関しては、ゆっくりじっくり火を入れていくのが安心な気がします。
これはあくまでわたし流、完全な自己流なのでもっと要領よくもできると思いますし、
より美味しくできる方法もあるのだろうと思うんですけど、、、
それでもまあ、美味しくできているので当分このやり方で作ると思います(๑´◡`๑)。








************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 21:12 | 家ご飯-煮込み料理&鍋 | comments(0) | - |
牛肉と大根のトマト煮込み
20131205牛肉と大根のトマト煮.jpg


朝の散歩の最中にふと思いついた料理です。
散歩帰りのスーパーで牛すじが手に入ったら作ろうと思って立ち寄ると、
牛すじが1パック、、微妙な量。
それで、すね肉と輸入牛のステーキ用ロース肉をそれぞれ1パックずつ加えることに。

【材料】
牛肉 … 600gくらい
大根 … 1本
ブラウンマッシュルーム … 15個くらい
舞茸 … 1パック
トマト水煮缶 … 1個
塩 … 少々
塩麹 … 大さじ2〜
酒 … 1/2カップ
トマトペースト … 大さじ2
八角 … 2個 ※好みで増減してください
ローレル … 1枚
黒胡椒 … 適量
※一味唐辛子 … 好みで適量

【作り方】
牛肉は一口大に切り、圧力なべに水と酒それぞれ1/2カップずつ入れて高圧をかけます。
 ※それぞれの圧力鍋で肉が柔らかくなるまでの時間。
水でざっと洗い、水気を切ります。

大根は皮をむいて2センチ厚の半月切りにします。
ブラウンマッシュルームは大きければ1/4に、普通のサイズなら半分に切ります。
舞茸は手でほぐします。

厚手の鍋に肉と大根を入れて、材料の半分くらいまでの水とローレル、八角、塩少々を加えて火にかけ、
煮立ったら蓋をし、ごく弱火にして1時間程煮込みます。
トマトの水煮缶(ホールの場合は手で潰しながら)、トマトペースト、茸類を加えて更に30分ほど煮込みます。
大根が柔らかくなったら塩麹で味つけます。
辛みが好きなら一味唐辛子を適宜加えます。
黒胡椒を挽きます。


20131205牛肉と大根のトマト煮-3.jpg


八角が入っていますが、特別中華風という味ではありません。
何風?と言われると困るんですが、、、我が家風?というか、、、
なんかよくわからないけど、ウチではすごく好きな味になりました(笑)。

写真は翌日の、もう最後の最後のほうで、ぐずぐずに煮崩れていますが、、こうなったくらいが実は一番美味しいかも。
(作り立ての写真も撮ったんですが、間違って消しちゃって(汗))
(夫がお肉よりも大根を好むので、大根からなくなり、お肉ばかり残っているのでバランスも悪い(汗))

牛肉は本当はバラ肉があると一番いいんですがなかなかウチのあたりでは売っていません。
すね肉はなんとなく油が足りないなあ、、と思うし、すじ肉ばかりだと脂が強いなあと思うし。
でもまあ、お肉も適度にホロホロとトロトロの部分が混ざり合って美味しくできました。

こうして食べると大根1本、2人ですぐに食べ尽せます^^
あ。はい。大喰らいのわたしたちでありますが。








************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 15:06 | 家ご飯-煮込み料理&鍋 | comments(0) | - |
今シーズン 初おでん
20130927おでん1-3.jpg


ここのところ朝の散歩に出ると、思わず「寒っ!」という言葉が出ます。
歩き出せばまあまあ寒いなんてことはないのですが、
それでも少し前の酷暑が嘘のようです。
そんな数日前の朝、歩きながら「今夜はおでんだ」とずっと思い続け、気合を入れて(笑)作りました。

気合と言ってもまあ、煮るだけですけど(*´ー`*)。
おでんには鰯のつみれを作って入れるのが好きなんですが、たまたま鰯がなくて
海老の団子と、鶏の団子を作りました。

その他に入れたものは。
大根
はんぺん
こんにゃく
厚揚げ
木綿豆腐
がんもどき
揚げボール
ちくわ


昆布
ちくわぶ

書き出してみると、結構入れてますね(*´m`*)。


団子2種の覚え書きです。
作りやすいと思われる分量ですが、半量ずつ、茹でてから冷凍しました。


*海老団子


20130927おでん1.jpg


【材料】
海老 … 殻をむいて正味200g
レンコン … 200g
しょうが絞り汁 … 小さじ1
塩 … 小さじ1/2
片栗粉 … 大さじ2

【作り方】
海老は殻をむいて背わたを取り、重曹、砂糖ひとつまみに片栗粉、水少々をまぶして揉み、暫く置きます。
レンコンは半量をみじん切りにし、半量をすりおろし、すりおろしたほうは軽く水を切ります。

海老を洗い、水気を拭いて細かく刻み、塩を加えよく混ぜます。
他の材料も加えてよく混ぜ、30分程度冷蔵庫で寝かせ、ピンポン球くらいに丸めて茹でます。


*鶏団子


20130927おでん1-2.jpg

【材料】
鶏ささ身 … 250g  ※他の部位でも
しいたけ … 4枚
長葱 … 1本
卵 … 1個
塩 … 小さじ1/2
醤油 … 小さじ1
片栗粉 … 大さじ2.5


【作り方】
ささみは筋を取り除き、包丁で細かく叩きます。
椎茸、長葱はみじん切りにします。

ささみに塩を混ぜて粘りが出るまでまぜ、そのほかの材料を加えて全体をよく混ぜます。
冷蔵庫で30分ほど寝かせ、スプーン等ですくい取り形をつけながら熱湯に落とし、茹でます。


20130927おでん1-4.jpg


我が家のおでんは、昆布とかつお節で濃い目の出汁を取り、
薄口醤油とみりんで味をつけ、ほんのちょっとだけ濃口醤油をたらします。
うんと薄目にしておいて、煮ていく途中で味をみながら少しずつ味を足して好みの加減にします。

大根は下茹でをし、ある程度柔らかくしておきます。
蛸も別鍋で少し煮ておきます。

先に大根、ゆで卵、ちくわぶ、こんにゃく、蛸、昆布(出汁を取った残りもの)を入れて
煮立てないように数時間ごく弱火で煮ます。
その後、残りのものを加えます。
はんぺんは最後の最後です。


20130928おでんー翌日.jpg


翌日の、味がしみたおでんもまた美味しいですよね。
夫が基本的に練り物を好まないので、おでんは最後どうしても残ってしまうものがあるのですが
わたしもだんだん学習し(*´ー`*)、今回のおでんは食べ尽しました。
もしかしたら、結婚してから初めてかも(爆)。






************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************




posted by ゆりり | 07:34 | 家ご飯-煮込み料理&鍋 | comments(0) | - |
牛すじのトマトシチュー
20130822牛すじのトマトシチュー-2.jpg


なんと名前を付けたらいいのか分からなかったので、とりあえずシチューにしました。
市販のハッシュドビーフのルウを使っているのですが、ハッシュドビーフでもないし、、と(^-^;)。

例のごとく、朝の散歩帰りに寄ったスーパーで和牛のスジがあったので無計画に購入。
作っている間中、最終的にはどうなるのかな??と自分でもわからなかったけど、
冷蔵庫に入っていた野菜を適当にあれこれ放り投げるみたいに加えていって、
なかなか美味しくできました(◍′ω‵◍) 。
今回も覚え書きレシピで。


【材料】
牛すじ … 600gくらい
トマト … 4個
白ワイン … 1カップ
塩 … 小さじ1/2

ナス … 4本
ゴーヤ … 白くて太いもの1/2本
舞茸 … 2パック
ピーマン … 4個
ミニトマト … 15個くらい

市販のハッシュドビーフのルウ … 5皿分
塩麹 … 大さじ1
黒胡椒 … 適量
ディルなど … あれば好みで適量

【作り方】
牛すじは2回茹でこぼし、一口大に切ります。
トマトはざく切りにします。
圧力鍋に牛すじ、トマト、白ワイン、塩を入れて、圧がかかったら6〜7分高圧で加熱します。【A】
 ※それぞれの圧力鍋で調整してください。

ナス、ゴーヤ、ピーマンは食べやすい大きさに切ります。
舞茸は食べやすい大きさにほぐします。
ミニトマトは湯むきして、大きめのものは半分に切ります。

【A】の鍋にミニトマト以外の野菜を入れて火が通るまで煮込みます。
ルウを割入れて溶かし、ミニトマトを加えて更に10分程煮ます。
 ※濃度が濃過ぎる場合は水で調整します。
味を見て、足りなければ塩麹で整えます。

器に盛り、好みで黒胡椒を挽き、ディルなどのハーブを添えます。


20130822牛すじのトマトシチュー.jpg


最初はあっさりしたトマト煮込みにしようかなと思っていたのですが、
圧が抜けた鍋の牛すじとトマトの状態と味をみて、ちょっと味が負けるなーと。
それで先日ハッシュドビーフを作った時の残りのルウがあったので加えることにしました。
我が家のハッシュドビーフは市販のルウは加えたり加えなかったりですが、
コクを出したいとか、濃厚にしたい場合は少し加えます。
ちなみに水は使わず、トマトジュースで煮込み、その上で生のトマトを加えたり、缶詰を加えたり。
トマトトマトしたのが好きなんですね(*´ー`*)。

今回のもトマトの二段活用??(*´m`*)??です。
最後に加えるミニトマトは敢えて火を通し過ぎずにトマトそのものの味を残します。
夏の間の贅沢です♡

ともかく、、、美味しくできてよかった^^






************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 18:05 | 家ご飯-煮込み料理&鍋 | comments(0) | - |
牛肉のトマト煮込み
20130404牛肉のトマト煮込み-2.jpg


山形牛のすね肉が半額になっていたので、つい買ってしまいました。
牛肉を煮込むのは久しぶりかもしれません。
最初はポトフにしようと思っていたのですが、
なぜかプレゼントのトマトが二箱も届き、そんなこととは知らずにその直前に自分でもトマトを買っていて
やっとそのプレゼント・トマトにたどり着いて一箱は消費したものの、
そうこうしているうちに母のところへ行くことになって留守をし、、と、、、
気がつけば残り一箱のトマトはすっかり熟し切っていて。
それでトマト煮に変更となりました。

クスクスを添え、塩レモンのペースト、ハリッサとともにいただきます。
この組合わせは完全にわたし好みでハマりそうです(*´ー`*)。


【材料】
牛すね肉 … 500g
トマト … 6個 ※1個150gくらいのもの
玉ねぎ … 小1個
人参 … 小1本
セロリ … 1本
塩 … 小さじ1〜
黒胡椒(粒) … 10個
オールスパイス(粒) … 5個
ローリエ … 1枚
黒胡椒 … 適量 ※最後に挽いて加える分
酒 … 1/2カップ
油 … 適量

【作り方】
牛すね肉(2センチ厚くらいのもの)は4〜5センチ角に切ります。
フライパンに油を敷き肉を並べ、
ごく弱火にかけて30〜40分かけて血が滲まなくなるまでじっくりと焼きます。
 ※途中出て来る脂はキッチンペーパーで吸い取ります。
肉を鍋に入れて酒と、かぶるくらいの水を加え、
黒胡椒、オールスパイス、ローリエ、塩小さじ1/2を入れて火にかけます。
煮立ったらアクを取り、グラグラしないくらいの弱火にして肉が柔らかくなるまで3時間程度煮ます。
 ※途中お湯が減ったら適宜足します。

トマトは湯むきして1センチ角くらいに切ります。
玉ねぎ、人参、セロリはみじん切りにし、鍋に入れて大さじ1程度の油を回しかけてなじませ、火にかけます。
弱火で炒め、全体がしんなりしたらトマトと塩小さじ1/2を加えて弱火で煮込みます。

トマトが煮崩れて全体が柔らかくなったら、肉を加えます。
肉を煮込んでいた汁を漉し、味を見ながら加えます。
 ※だいたいトマトソースの2割程度を目安にお好みで。
味をみて塩で整え、黒胡椒を挽きます。

☆今回のトマトソースは多めなので、そのまま食べる場合は半量くらいにして残りは冷凍等保存に回しても。
クスクスやパスタを添える場合は、スープ分があったほうがいいので全量か、多めで。


20130404牛肉のトマト煮込み-3.jpg


味付けはかなり薄目にしておいて、塩レモンのペーストと、ハリッサを添えて、混ぜながらいただきます。
そこにクスクスを添えると、最高に美味しいです♡

1月半ばに仕込んで1ヶ月ほどして完成した塩レモン、それからまた1ヶ月半ほどたつわけですが、
熟成してきたのか、味がまろやかになってきて、本当に美味しいんですよ。
わたしはもっぱらペースト状にしたものを便利に使っています。
なかなか作ってみてくれるかたが出て来ないのが残念ですが^^;




お肉を弱火でこれでもか!というくらい焼き付けてから煮込む方法は、お料理教室で教えて頂いたのです。
どうしてなのか、、というリクツは忘れてしまったんですが(爆)。

本当は焼く時も煮込む時もつきっきりで側にいなくてもいいわけですが、
お肉をひっくり返したり、お鍋に水を足したりしながら台所にいて
ぼーっと無心になっている時間が気持ちを落ち着かせてくれるようです。


20130404牛肉のトマト煮込み.jpg






************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 14:56 | 家ご飯-煮込み料理&鍋 | comments(2) | - |
肉じゃが豆腐
20130112肉じゃが豆腐.jpg


以前にもアップしているでしょうか?
ごく普通のお惣菜というか、家庭料理の定番の肉じゃがに木綿豆腐を入れたものです。
ホントは肉じゃがは肉じゃが、肉豆腐は肉豆腐だと思うんですけど、、どっちも好きなので( 艸`*)。
今回は年末にいただいた冷凍のすき焼き用のお肉があって、
ウチはわたしも夫もすき焼きより肉じゃがの方が好きという、、なんとも年寄りくさい嗜好なので
贅沢な肉じゃが豆腐となりました♡


そうそう、、肉じゃがってそれぞれの家庭によって入る物が違うでしょうね。
ウチは基本的にはじゃが芋、玉ねぎ、白滝、椎茸、それと牛肉です。
人参は元々は入っていなかったんですが(わたしの実家流)、
外で食べると案外人参が入っていることが多く、そういうものか、と思ってたまに入れます^^。
あと、玉ねぎじゃなくて、長葱が入っているパターンもありますね。
わたしは肉じゃがの場合、玉ねぎはそれだけでいいですけど、長葱は、玉ねぎも一緒に入っていて欲しい(笑)。
なんででしょうねえ、、長葱だけって、肉じゃがのイメージじゃないんですよね。
美味しいと思うんですけど(^m^)。

というわけで、我が家の肉じゃが豆腐。


【材料】
牛肉 … 300gくらい
じゃが芋 … 大3個
玉ねぎ … 2個
椎茸 … 5〜6個
白滝 … 1袋
木綿豆腐 … 1丁
かえし … 1/2カップ〜
みりん … 大さじ1
出汁 … 適量
油 … 適量

【作り方】
牛肉は食べやすい大きさに切ります。
じゃが芋は皮をむき、大きめに切ります。四つ割か6等分くらい。
玉ねぎは8等分のくし形に切ります。
椎茸は斜め切りで半分に切ります。
白滝はさっと茹でてから食べやすい長さに切ります。
豆腐は8等分に切ります。

鍋に油と牛肉を入れて火にかけ、弱めの中火で炒めます。
牛肉の色が変わってきたら玉ねぎを加えて炒め、玉ねぎが少し透き通ってきたらじゃが芋、椎茸、白滝を入れて炒め合わせます。
ひたひたの出汁を加え中火にします(水でも)。

煮立ってアクが出たらすくい、みりんを加えて弱火にして15分ほど煮ます。
かえしを加え、じゃが芋が柔らかくなるまで弱火で煮ます。 ※グツグツいわないくらいの火加減でゆっくり。

じゃが芋が柔らかくなったら豆腐を加え、豆腐に味がしみ込んだら火をとめます。


20130112肉じゃが豆腐.jpg


好みで七味をふってくださいね。
じゃがいもは面取りはしていません。
大きめのお芋をゆっくりじっくり煮て、少し角が煮崩れた感じが美味しいと信じているので♡

味付けに使っている「かえし」はわたしのブログではしょっちゅう出てきますが、
醤油と砂糖、みりんを合わせた調味料です。
作っておくと本当に便利なんですよ♪
今回のような煮物だとだいたい、出汁:かえしは7:1くらいの感じでしょうか。
材料から出る水分などもありますので、味付けは最初は薄目に、最後に調整するといいと思います。
材料が合わさっていますので、味が足りないときに
お砂糖を少し入れて、お醤油もまた入れて、、というような面倒がありません。
市販の麺つゆなどもありますが、
自分の好みの味に作っておけて癖もないのでわたしはずっとこればかりです(*´ー`*)。

何度か出汁と一緒に作ったことがあるのですが(昆布とかつお節と一緒に煮て漉す)、
かつお節に結構たくさん吸い込まれてしまってもったいないなあと思って( 艸`*)、
やっぱりかえしはかえし、出汁はその都度取るようになっています。

なんでもないものですが、こういうのが美味しくできた日はとても嬉しいですね♡





************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 14:08 | 家ご飯-煮込み料理&鍋 | comments(6) | - |
キャベツとソーセージの塩麹スープ煮
20130115キャベツとソーセージのスープ煮-3.jpg


煮込みとスープの中間くらいの感じです。
最近のわたしの料理の味付けは、ベースが塩麹になっていることが多いので
今さら「塩麹スープ煮」なんて書かなくてもいいかなあとも思うんですけど、
でももしかしたらまだいるかもしれない塩麹未経験のかたにもアピールしようかと(*´m`*)。

とても優しい味のスープです。
今回は落とし卵をしてボリュームも加え、また一層優しい味わいになっています。


【材料】20センチの深鍋
キャベツ … 1/2個
玉ねぎ … 1個
ソーセージ … 太めのウィンナー2本 160g
生ハム(ハモン・セラーノ) … 40g  ※ベーコンなどでも
塩麹 … 大さじ1くらい
塩 … 必要に応じて少々
胡椒 … 適量
油 … 大さじ1
ベイリーフ … 1枚

※卵 … 人数分
あればイタリアンパセリ … 少々

【作り方】
キャベツは1〜2センチ角のざく切りにします。
玉ねぎは粗みじんに切ります。
生ハムは5ミリ角くらいにきります。
ソーセージは7ミリ厚に切ります。

厚手の鍋に玉ねぎと生ハム、油を入れて火にかけて弱火で熱し、炒めます。
玉ねぎが透き通ってツンとした香りが抜けたらキャベツを一掴みくらいずつ加え、その都度混ぜます。
全体がよく混ざったら、かぶるくらいの水を加え、ベイリーフを入れて中火にします。
煮たってきたら弱火にしてソーセージと塩麹を加え、20分程度煮ます。
キャベツが柔らかくなったら味をみて、足りなければ塩少々で整え、卵を落とします。
 ※卵は入れなくてもいいです。

卵の白身に火が通ったら器に盛り、胡椒を挽きます。
好みでイタリアンパセリをちぎって散らします。


20130115キャベツとソーセージのスープ煮-2.jpg


ハモン・セラーノはまたもやお正月用の残りものです。
適度な塩気と旨味が出て、出汁用に買うには高価ですけど余り物だと得をした気がしますね( 艸`*)。
なければ入れなくても、ソーセージだけで大丈夫です。

キャベツと玉ねぎの甘みがとても美味しく、スープも身体にじんわりしみ込みます。
崩した卵の黄身のとろりとした甘みも卵好きにはたまりません♡
朝やお昼だったらこれとパンだけで十分かなと思います。

ショートパスタを入れてもいいですね。
その場合は少し水分量を多くして、パスタが隠れるようにして一緒に煮込んでくださいね。
普通の茹で時間より2分くらい多めにみておくといいと思います。
それで逆算してお鍋に入れてください。





************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 19:17 | 家ご飯-煮込み料理&鍋 | comments(0) | - |
牛タンと茸のシチュー と、思い少し
20130102タンシチュー-2.jpg


これもお正月2日に食べたものです^^;
相変わらず新規にアップできる写真がありませんし、
これはこれで残しておいていいかな?とも思いますので(笑)。


その前に風邪のベッドの中でうつらうつらと考えたことを少し書きます。
(この部分は読飛ばしていただいても結構です)


大晦日から体調がすくれず、ついには高熱まで出てしまい
食事の支度を含め、食べること全般への気力が今ひとつの数日間。
普段であれば常に食欲全開、常に食べること、料理することに貪欲なわたしが、
お腹が空いたなと思っても、起き上がって食べることが億劫だったりするわけです。

わたしがこんなブログを書き始めたのは、食べることと料理が好きなこと、写真が好きなことがあったから。
だけど、体調がほんのちょっと崩れただけで全部が一気に失せてしまうんですね。
つまりわたしのブログはわたしの健康に支えられた脳天気な性格と食欲のみを頼りに続いているものです。
そしてもうひとつ最も大きな支えは、生活の安全と安心です。
夫婦ともどもそろそろくたびれかけていますので、漠然とした将来への不安が全くないとは言いませんが、
それでも日々楽しく、気楽に生活できています。
それに対して本当に感謝しなければならないなと感じます。

年明け早々若干コケましたけれど、
今年のブログの目標?というのか、、ちょっとね、あるんです。

それは、ファッションじゃない料理を作るってことです。
実(じつ)のある料理を作りたい。
ブログの目標というよりは、自分の料理の目標ですね(笑)。
見た目がオシャレなだけじゃ、自分たちの老いゆく身体は支えられませんから。
自分たちの身体を健やかに保つ食事を、料理を作りたいと思うんです。

それは、完全無農薬の野菜じゃなきゃダメだとか、
放射能検査をパスした食品しか食べないとか、
添加物を使っているものは排斥するだとか、そういうことではありませんし、
なんでもかんでも手作りするとか、そういうことでもありません。
生真面目に優等生的な食卓を作るということではないのです。

ただ、毎回の食事が自分たちの身体の老化を少しでも緩やかにしてくれるかも?ということを
少し意識して料理をするというくらいのことです。
勿論、ウチは2人とも大のお酒好きですから沢山お酒を飲みますし、
未だ年のわりに食欲の衰えない大食漢でもありますから食べ過ぎ飲み過ぎは間違いないので
そこに一番注意が必要なんでしょうけど(^ω^;)。

美味しく、実があって健康を支え、その上に美しい料理ができたらいいなあと思います。


ということで、、ここまで長い前置きというか、今年の抱負でした♪


さて、以下にレシピです(*´ー`*)。


【材料】
牛タン(皮のないもの) … 1本 ※600gくらいでした。こぶり。
マッシュルーム … 白・茶 合わせて15〜6個
舞茸 … 1〜2パック ※多いほうが美味しい

玉ねぎ … 1個
セロリ … 2本
人参 … 1/2本
トマトジュース … 2カップ
トマト缶(粗漉し) … 1缶
ベイリーフ … 1枚
イタリアンハーブミックス … 適量
塩麹 … 大さじ3
塩 … 小さじ1
リーペンソース … 小さじ1〜2
黒胡椒 … 適量
オリーブオイル … 大さじ2

※そのほか玉ねぎ、セロリ、人参などのくず野菜

【作り方】
牛タンは冷凍のものは冷蔵庫に移し解凍します(大きいものだと丸1日はかかります)。
解凍した牛タンに塩を大さじ1〜2程度すり込み(分量外)、
キッチンペーパーに包んでからビニール袋に入れて冷蔵庫で一日寝かせます。
牛タンを茹でこぼして洗います。

圧力鍋に牛タンとくず野菜を入れて高圧で6分加圧します。
 ※それぞれのお宅の圧力鍋の圧力によって加減してください。

圧が抜けたら牛タンを圧鍋に移し、茹で汁を漉して鍋にいれ、かぶるくらいの水を足し火にかけます。
煮立ったらごく弱火にし、3時間程度煮ます。
そのまま冷まして、翌日固まった脂があればすくい取り、再びごく弱火で3〜4時間煮ます。

玉ねぎ、セロリ、人参をみじん切りにしてオリーブオイルとともに厚鍋に入れて火にかけ、じっくり炒め塩をします。
そこに2センチ厚に切った牛タンと2等分にしたマッシュルーム、手でさいた舞茸を入れ、
トマトジュースとトマト缶、ベイリーフ、イタリアンハーブミックスを加えます。
煮立ったらアクを取り、弱火にして塩麹大さじ2を加え、1時間程度煮込みます。
味をみて、塩麹、リーペンソースで整えます。
黒胡椒を挽きます。


20130102タンシチュー.jpg


牛タンを煮るのに時間をかけるのはわたしのやり方なので、もっと時短?でされてもいいと思います。
いつもは圧力鍋は使わないのですが、年末でずっとひとつのコンロを占領されてしまうのが困るので使いました。
圧力鍋を使わなくとも、時間をかければ十分柔らかくなります。
グラグラと煮立てないように気をつけてくださいね。

トマトのソースなのでとてもあっさりしています。


この牛タンはとても柔らかいので、残った分は翌日鍋の中でターナーで粗くほぐし、
茹でたショートパスタを加えていただきました。
水分が減っていたのでトマトジュースも加えました。
とっても美味しかったですよ^^

若干手間というか、時間のかかる食材ですが、牛タンは牛の他の部位に比べて比較的安いですし、
なんといっても味がよい(わたしは好き(*`艸´))と思います。


トマトソースで煮込まない基本の(?)茹でタンはコチラ → 

今回のものは最初からトマトソースで煮込むつもりだったので、香味野菜とか少なめにしています。
お節の途中でくず野菜とか出ますしね、そういうのを使って(◍′ω‵◍) 。






************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 13:43 | 家ご飯-煮込み料理&鍋 | comments(6) | - |
骨付き塩麹鶏もも肉と白インゲン豆のトマトジュース煮込み
20121225塩麹鶏と白インゲン豆のトマトジュース煮込み-2.jpg


自分で、いつも似たようなものを作っているなあ、、、と思います(・ω・;)。。。
それって結局好きなものを作るから、なんですけど。

クリスマスの時期、どこに行っても丸鶏(お店によっては七面鳥とか)や骨付きの鶏もも肉ばかりで、
じゃ?せっかくだから買ってみる?と骨付きもも肉を買いました^^
で、いつものごとく塩麹に漬けて、いつものごとくお豆と、いつものごとくトマト味で(*`艸´)煮込みました。


【材料】
骨付き鶏もも肉 … 2本
白インゲン豆(乾燥) … 1カップ
玉ねぎ … 1/2個
セロリ … 細いの2本  ※葉っぱが元気なら葉っぱも
トマトジュース(無塩) … 2〜3カップ
塩麹 … 大さじ4(もも肉を漬け込む分を含む)
サマーセイボリー(ドライ) … あれば適量 ※なければオレガノ(ドライ)など
塩・胡椒 … 少々
オリーブオイル … 適量

【作り方】
骨付きもも肉は関節の真ん中に包丁を入れて半分に切り、大きいほうを更に骨に添って2つに切ります。
塩麹大さじ2を揉み込み、冷蔵庫で半日〜1日程度寝かせます。

白インゲン豆は半日くらい水につけて戻し、火にかけて煮立ったら弱火にし、30〜40分、柔らかくなるまで煮ます。
 ※途中、アクが出たらすくい取ります。

玉ねぎとセロリは粗みじん切りにします。

厚手の鍋に玉ねぎ、セロリ、油を入れて火にかけ、しんなりするまで炒めます。【A】
フライパンに油少々を敷き、弱めの中火で、鶏肉を皮目から焼き色が着くまでじっくり焼きます。
白インゲン豆と鶏肉を【A】に入れ、トマトジュースをひたひたに注ぎ、
塩麹とサマーセイボリーを加えて煮立ったら弱火にして20分程度煮込みます。
塩胡椒で整えます。


20121225塩麹鶏と白インゲン豆のトマトジュース煮込み.jpg


サマーセイボリーというのはハーブ教室で教えてもらったハーブで、豆料理にかかせないそうです。
でも日本ではあまり需要がなかったので、
おそらく今の日本のスパイスメーカーでは販売していないのでは?ということでした。
わたしは豆好きなので、クラスで習って即、時々ハーブの苗を買うネットショップで探して購入(笑)。
ただ、、どうかなあ〜〜〜。。。絶対これがなきゃダメ!って感じではないんじゃないかな(^m^)、、、
たとえばオレガノを使ったり、イタリアンハーブミックスを使ったり、、そういうのと明らかに違うか?というと
今のわたしのレベルではそれほどの違いは感じられないです^^;
ただ、サマーセイボリーを使うのが初めてだったのでわりと控えめに使ったせいもあるかもしれません。
でもま、新しい知識をすぐにどこかで使いたいと思う気持ちはご理解いただけるかと(*´ー`*)。

それと、サマーセイボリーは確かフランスでは超定番ということでしたから、
トマト味(イタリア風?)ではない味付けのほうがより風味を生かせたのかもしれません。
それはまた今後の課題にしようと思います^^

あ、もうひとつ、加熱しない料理(サラダ等)に使うとまた違った風味が楽しめるということでしたのでそれもまたトライしてみるつもりです。


20121225塩麹鶏と白インゲン豆のトマトジュース煮込み-3.jpg


それはともかく、、、この煮込みはとってもわたし好みの出来でした♡
もしもっと鶏肉をほろほろと骨離れをよく、とろっとさせたかったら
豆を加える前に30分くらいよけに煮たらいいかなと思います(^-^)。

チリペッパーなど辛みスパイスを加えても勿論美味しいと思います。
わたしは翌日はガラムマサラをちょこっと振りかけましたが、それもすごく美味しかったです♪


トマトの水煮缶ではなくてトマトジュースを使うトマト煮込み(シチュー)、
ここのところのお気に入りです(^-^)。
多めに使ってさらりと仕上げることも、煮詰めて少し濃い感じにすることもできて便利です。
今わたしが使っているトマトジュースはカゴメのもので、秋口に買った「2012年採れたて!」というので
濃縮果汁還元のタイプではなく、ストレート製法というので作られたものです。
飲むと濃縮果汁還元よりあっさりさっぱりしているようです。
もうなくなっちゃったかなあ? 
もし興味を持たれたら、来年の秋にチェックしているといいですよ♪
わたしも今年偶然知ったのですが、1箱買って(900ml×12本)、そのまま飲んだらあまりに美味しかったので
追加で4箱だったかな、買いました(爆)。
賞味期限が一応来年3月末か4月くらいまでだったのでせっせと使っているところです(๑´◡`๑)。





************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 21:53 | 家ご飯-煮込み料理&鍋 | comments(0) | - |