CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
タコライス風 〜 サラダご飯
20160702タコライス風-2.jpg


正式な(?)タコライス、というものを、「タコライスだ」と意識して食べたことは多分1回しかありません。
その、わたしがたった1回食べたものがホンモノかどうかは断言できないし、
実はそれが大分以前のことなので、食べたものもちゃんと覚えていないし(汗)、、、
というワケで、タコライス「風」です^^;

タコライス、というのはタコスの具をご飯に乗せた沖縄発祥の料理だそうですね。
ご飯というのは懐が深いですよね(*´m`*)。

さて、そのタコライスのメイン(?)となるタコミート(ひき肉を煮たもの)は
本来お肉のほかには玉ねぎくらいしか野菜は入っていないものか、
豆を入れたチリコンカン的なものが主流のようですが、わたしが作ったのはお肉より野菜が多いもの。
夏野菜をたっぷり入れてさっぱり、でもボリューム感もある、そんな一皿にしてみました^^


☆タコミート

20160702肉野菜そぼろ(タコミート).jpg

【材料】作りやすい分量(6〜7人分)
牛ひき肉 … 100g
豚ひき肉 … 200g
玉ねぎ … 3/4個
茄子 … 1本
ズッキーニ … 10センチ
パプリカ … 赤と黄 それぞれ1/4個
いんげん … 10本
グリンピース … 1カップ
トマト水煮 … 1パック
塩 … 小さじ12〜
中濃ソース … 大さじ2  
  ※中濃ソースしかなかったので(笑)。ウスターソースでも。
醤油 … 大さじ1
パプリカパウダー … 大さじ2〜
チリパウダー … 大さじ1.5〜
ナツメグ … 少々
油 … 適量

【作り方】
玉ねぎは5ミリ角くらいに切ります。
茄子、ズッキーニ、パプリカは1センチ角くらいに切ります。
インゲンは1センチに切ります。
グリンピースは5分ほど茹でておきます。

鍋に油と玉ねぎを入れて火にかけ、弱めの中火で炒め、玉ねぎが透き通ってきたらひき肉を加え塩をして更に炒めます。
ひき肉の色が白っぽくなってきたら、茄子、ズッキに、パプリカ、インゲンを加えて炒め、
野菜が油を吸ってしんなりしたらトマトの水煮とグリンピースを加えて強火で煮込みます。
 ※水分を飛ばすために強火にしています。
ほぼ水分がなくなってきたら、中濃ソース、醤油を加えて煮込み、味をみて塩で整え、
パプリカパウダー、チリパウダーを加えて火を止めます。
好みでナツメグを振ります。
 ※スパイス類は基本的に好みの分量でどうぞ。


☆サルサソース

20160702サルサソース.jpg

【材料】作りやすい分量
トマト … 1個
きゅうり … 1本
ピーマン … 1個
玉ねぎ … 1/4個
青唐辛子 … 2本
塩レモン … 大さじ1
レモンの絞り汁 … 1/4個分くらい
塩 … 小さじ1/2
香菜(パクチー) … 茎の部分1株分くらい

【作り方】
全部の材料を細かく切って合わせ、冷蔵庫で2時間程度冷やして味を馴染ませます。

我が家のサルサソースはきゅうりが入ります^^
味見では辛く感じるかもしれませんが、料理に添えるといいアクセントになると思います。
でも、辛さはお好みで調整してくださいね(笑)。


☆タコライス

20160702タコライス風.jpg

【材料】2人分
ご飯 … 適量(食べたいだけ)
タコミート … 適量
サルサソース … 適量
チーズ … 好みのもの少々
レタス … 1/2個分くらい
アボカド … 1個
ミニトマト … 4〜6個
香菜 … 葉の部分 好みで適量

【作り方】
ご飯を器に盛り、食べやすく切ったレタスを回りに敷き、タコミートをかけ
1センチ角くらいに切ったアボカド、トマトと、チーズを乗せます。
好みでサルサソースをかけ、香菜を添えます。


大きめのお皿の真ん中に、ボウルやお茶碗に入れたご飯を逆さにして盛って山を作り、
周囲に野菜を散らすと盛りつけやすく、食べやすいです^^
タコミートはスパイスを効かせると野菜が多くてもしっかりした味わいが感じられて美味しいですよ。
さっぱり、でもボケない味(笑)でとても満足感のある一品になりました。



おまけ。
タコライスにトッピングしてあるマイクロトマト。
プランターで育てていたものです♡


20160702マイクロトマト.jpg





最初に色づいたものから順番に色づいて、全部が綺麗な色になるのを待つのは難しいです^^;
待っていると最初のものが熟し過ぎて実割れしてしまったり。
ほどほどのところで、、と毎朝毎夕じーーーっと見つめて、
さあ、そろそろ!、ということでやっと初めての大量(?)収穫の時。
プチっとした食感とほのかな甘さが美味しくて、感激しました。





こちらはホントのホントの最初の収穫、っていうか、、、
実が割れてきてしまったので仕方なく収穫したもの。
2週間ほど前でしたが、この時はまだ実が酸っぱかった^^;

借りている小さな畑と、庭のプランターでのささやかな収穫はとても心を豊かにしてくれます。
日々成長していく植物、うまくいったりいかなかったり、、
花が咲いた、実をつけた、色づいた、といちいち感動しています。

そして農家のかたはすごい、と毎日周囲の田畑を見るたびに、心から尊敬の念が溢れてくるのでした。



今月の料理教室は変則で、これまで参加してくださったかたのみを対象に
「夏の野菜を楽しむ」というテーマで開催します。
メニューはその時に手に入った野菜をメインにして何品か。
いつものような計画的(?)な教室ではありません。

・・・とはいえ、完全に行き当たりばったりではないですよ(*`艸´)。
このタコライスはとても美味しかったので、作ろうかなと思っています♪

9、16、23日の土曜日で、定員5名さま。
23日のみ、1名さま分の空きがあります。








************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 06:04 | パスタ・麺・ご飯もの | comments(0) | trackbacks(0) |
押し寿司、巻き寿司、手まり寿司
20160618〆鯖の押し寿司-2.jpg


蒸し暑かった先日、スーパーの魚売り場で厚みのある〆鯖を見つけました。
それで突然押し寿司を作ろうと思い立ちました。

で、型をどうしようかなあと思い、パウンド型とか、ケーキの型とか、流し缶とか色々見ても
適当な大きさのものがなかったので(押し寿司用の型はあるのですが、ウチのはとても小さいのです)、
うーむ、、と、テリーヌ型を使うことにしました^^;

それで作ったら。。。
まあ、後で考えたらすぐにわかりそうなことですが、
深さがあるものだから随分背の高い押し寿司になってしまいました(爆)。
それにまっすぐの立ち上がりでもないんですよねー^^;


20160618鯖の押し寿司.jpg


こんな感じでぎゅうぎゅう詰めにしちゃいましたし。
でも、美味しかったからいいかという、いつものパターンで^^;


ご飯は2合炊き、全部は入っていません。
すし酢は米酢70ml、砂糖大さじ2.5、塩小さじ1/4くらいです。
塩は少なめでしょうか、ちょっとお漬け物を入れようと思ったりしていたので。

炊きたてのご飯を飯台に移してすし酢を回しかけてちょっと置いて、それからさくさくと混ぜ、
時々団扇で扇ぎながら混ぜて、冷めたら具を入れます。
入っているのは、白胡麻、きゅうり、柴漬けです。
きゅうりは薄切りにしてから塩をしてぎゅっと絞っています。

型に〆鯖を置いて、大葉を置いて、ご飯を詰めて押して、暫く置いて、という感じです。

すし飯に色々入れるのはウチの定番的なもので、今回は押し寿司ですがちらし寿司もこんな感じで具入りのご飯です。

大葉も刻んで混ぜようかなあと思ったのですが、今の季節葉っぱっぽいものは入れないほうが無難かと。
まあ、大丈夫だとは思うんですけどね^^;


20160618〆鯖の押し寿司.jpg


ま、ちょっと笑える風情ですが、次回はご飯をこんなに詰めずに作ります(*`艸´)。



さて、最近ネット動画で流れてくる料理をよく見るのですが(たいてい1分程度のもの)、
なかなか興味深い、面白いものが多くあります。
日々の料理のヒントももらいます。

それで作ったのがこちら。


20160619きゅうりの巻き寿司.jpg


格子状にしたきゅうりで巻いた太巻きです。
わたしが見たのは、格子にしたきゅうりに海苔を置いて、ご飯を置いて、
卵焼き、カニカマ、アボカド(だったかな?)を巻いたものでした。
わたしは教室のあった日で、茹でた鶏のささ身が1本残っていたのでそれを使うことのし、
人参の切れっ端もあったのでそれと、あとは格子状にしたきゅうりの残りも細く切って使い。
卵焼きを作るのが面倒だったので薄焼き卵を作り、、、

きゅうり→海苔→薄焼き卵→サニーレタス→ご飯→ささ身(山葵マヨネーズで和えて)・人参・きゅうり という風にしました。

が。
薄焼き卵をサニーレタスを巻いたことで滑りがよくなって(汗)食べやすいとは言い難いものでした。
だいたいサニーレタスは具のほうにするべきだったんですよね(*´m`*)。

で、サラダ巻き風のイメージだったので、ご飯は塩レモンを水に溶いてお砂糖少しとレモンの絞り汁も少し混ぜたもので。
ご飯は冷凍のものを温めて。ご飯茶碗1杯分くらい、170g程度です。

これもまた、食べにくさと見た目の問題はありますが、美味しかったのでよしということで(爆)。



20160620きゅうりの手まり寿司.jpg


きゅうりを格子状にするのが面白いなあと思ったので、翌日こんなものを。
手まり寿司というか、なんというか。
きゅうりを細く切って格子状にしたのと、スライスチーズと合わせて格子状にしたのと。

これもご飯は冷凍してあったもの、茶碗1杯分くらいで3個作りました。
ご飯にはアンチョビ、キュウリ(格子の残り)、チーズ(格子の残り)、バジル(ドライ)、お酢ちょっと、ゲランドの塩少々を加えています。


20160620きゅうりの手まり寿司-2.jpg


こんな風になるかな?というイメージの通りにできました♡
ただ、、きゅうりが裾のほう(?)でぴ、っと跳ねるので、次回はきゅうりをちょっと塩をしてみようかなと思ったり。
面白いですよね、こういうの^^
そして妄想が形になるのはとても嬉しいことです♪




そんなお寿司っぽいもののご紹介でした^^








************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 14:30 | パスタ・麺・ご飯もの | comments(0) | trackbacks(0) |
手作りパスタと緑のソース(ジェノベーゼ)
20160614生パスタ+ジェノベーゼ.jpg


久しぶりに作る料理は唐突に作りたい衝動に駆られて作り、それも1回ですむことはありません。
今回の衝動は、生パスタ。
ショートパスタ(オレキエッテ)、ロングパスタ2回、グリンピースのニョッキを立て続けに作りました(笑)。

生パスタは、どんな粉を使うかとか、どのくらいの太さに仕上げるかとか、
それぞれ好みがあると思いますが、わたしの場合はまだ発展途上といいますか^^;
どんな感じのパスタが自分にとって一番好みのものか模索中です。
勿論、本場に行けば「これが正解」というものがあるのでしょうが、イタリアに行ったこともなく、
またこれから行けることもないでしょうから、ひたすた自分で研究するしかありません(*´m`*)。

長く日本人として日本に住んでいますが(笑)、
たとえばうどんや蕎麦も、地方やお店によって色々な味わいがあってそれぞれ美味しく、
何が正解、ってこともないと思っていますから、ウチのパスタはきっちり本場風でなくてもいいかなーと思います。

と、最初からややこしい言い訳みたいなことを書きましたが、今回の覚え書き的レシピです。
まずはパスタのほう(続けて作った2回目のものです)。


20160613生パスタ-2.jpg


ネットなどで生パスタのレシピを検索すると、粉が100gで卵2個、とか書いてあるものが多いと思います。
また、ちょっと本格的なパスタ作りの本だと、粉何グラムで卵150gとか、卵135gとか、
きっちり計るように書いてあることが多いのではないかと思います。

わたしが今作っているのは、とりあえず卵を計ってしまってから粉の分量を決めるという方法です。
卵2個とか3個とかいうのは、ちょっと幅が広過ぎるかな?と思うから。
(以前実験(?)で卵のMサイズとLサイズの重さを計量したことがありますが、重いMも軽いLもありました。)
そして、グラム数をきっちり決めることにより、中途半端な溶き卵を残したくないから。

ということで、、、


【材料】4〜5人分
セモリナ粉 … 220g
00粉(強力粉タイプ) … 100g
卵 … 3個(169g)
オリーブオイル … 大さじ1.5
塩 … ふたつまみ

【作り方】※パスタマシーンを使います
粉と塩をボウルに合わせて真ん中にくぼみを作り、卵とオリーブオイルを加えて混ぜます。
全体が混ざってポロポロになってきたら板に出して艶が出るまで捏ねます。
ラップに包み、30分以上寝かせます(長く置く時は冷蔵庫)。

6等分にして、楕円形に丸め麺棒で伸ばし、パスタマシーンで伸ばします。
わたしのマシーンは1〜6まで目盛りがあって、1が薄い、6が厚くなっています。

6にかけ、三つ折りにして麺棒で伸ばして6、もう一度同じようにして6にかけます。
三つ折りにして4に1回、そのまま4に1回、3に1回。
回数等は生地の様子を見ながらですが、最後は2を2回でもいいかもな?と思いつつ。

それを6ミリ幅のカッターで切ります。
好みで4ミリでもいいと思います。


20160613生パスタ.jpg


だいたい粉の分量に対して、卵の割合が5割弱〜5割5分くらいと思っています。
粉の配合は今回のはセモリナ粉を使い切りたかったので、こんな感じ(笑)。
セモリナ粉100%だと、多分ウチではうけません^^;
でもセモリナ粉が入るともっちり感が増すのは勿論なのですが、色がね、、
なんだかいかにもパスタですよ、という色になりますからねえ(*`艸´)。

これで茹で時間は3分くらいでしょうか。
必ず固さは好みの加減になるように確認したほうがいいです。


さて、トップ画像のパスタのソースですが、ジェノベーゼです。
というか、ジェノベーゼ風です。
バジル以外のものを使った時に堂々と「ジェノベーゼ」と言っていいのかどうか、調べても分からなかったのです。
でもまあ、ジェノベーゼと言ったほうが通りがいい(?)ので許していただきたいんですけど^^;

今回のはバジルも入っていますが、他にハーブ畑で収穫してきたハーブ類をあれこれ入れています。


20160609ジェノベーゼ.jpg


バジル、ディル、大葉、チャイブ、パセリ、モスカールドパセリ。


20160609ジェノベーゼ-2.jpg


わたしはクルミを使うことがほとんどです。
松の実は近所では見かけないですし、なにより高いですから^^;
あと、ニンニクは入れていませんが、お好みで。
ここにオリーブオイルを入れて様子を見ながら撹拌してオイルの量を決め、塩もほんの少し加えます。


20160609ジェノベーゼ-3.jpg


これが基本で、調理する時にパルミジャーノを加え、また必要ならオイルも足します。
小さなフードプロセッサで、2人なら3〜4回分作れます。
わたしはすぐ食べる予定の時は瓶に入れてオイルで覆って保存していますが、
1回分ずつ保存袋に入れて冷凍してしまってもOKです。


20160609オレキエッテ.jpg


これはパスタマシンを使わないで作るオレキエッテというパスタ。
本当はもっと可愛い形になるんですけど、、、ちょっと成形のしかたを忘れてしまって^^;
また復習しないとー。



本日のオマケは、鶏肉と夏野菜の煮込み。


20160612夏野菜と鶏の煮込み-2.jpg


使い切りたかったプチトマトをそのまま加えました(トマトの水煮も入っています)。
最終的にはトマトは潰す(潰れる)のですが、色が綺麗だったので。
ハーブはドライの枝付きオレガノ。

味付けはオーサワの野菜ブイヨン1袋、塩麹大さじ2、塩少々です。








************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 06:46 | パスタ・麺・ご飯もの | comments(0) | trackbacks(0) |
冷たい麺ふたつと、最近のこと少し
20160520鰯ボール.jpg


6月の教室メニューでエスニックな雰囲気の麺を作るのですが、
使う麺の種類をちょっと迷っていたのですが、結局大好きな半田麺を使うことにしました。
毎夏、ほんとによくいただいていますが、今回は試作もするだろうと大量に購入(笑)。
いったい何人家族?っていうくらい。

で、たくさんあるし、ちょうど良く(?)突然夏のような気候になったので(今日は涼しい)
作ったもののひとつがこちら、これはエスニックではなくイタリアン(*`艸´)??
野菜をたっぷり使ったサラダっぽい感覚の麺です。


20160520鰯ボール-2.jpg


つゆは、我が家の基本の麺つゆ(出汁4:かえし1)にオリーブオイルとバルサミコ酢を加えたものです。
加える量はお好みで適当で大丈夫です。味をみながら整えてください。
野菜もその時あるもの(普段サラダに使うもの)を適当に、それとささ身とかツナとか。
あとはあれば好みのハーブを散らして。
これはディルとチャイブです。

美味しいですよ^^



20160523エスニック麺-2.jpg


こちらは、来月の教室で作る茄子とひき肉の和え物の試作の残りものをトッピングしています。
半田麺でも勿論いいのですが、これはフォーを使っています。
ナンプラーベースで、黒酢、砂糖、それと赤唐辛子も。
和え物のほうにも赤唐辛子を使っているので、ちょっとピリ辛ですね。
パクチーを多めに添えると美味しいです♪



あとこれ。
唐突ですけど(*´m`*)。


20160523一夜漬け.jpg


カブときゅうりの即席漬けです。
いつもは普通のビニール袋でモミモミっとして暫く放置とか、
ボウルに入れて小さいお皿をかぶせてちょっと重石をして放置とか、そんな感じで作っていますが、
今回は、時々お勧めしているIDEAのハンディフードシーラーを使いました。
材料と塩をパックに入れて、脱気するだけです。
いつもより大分短い時間で味が入っていった気がします♪

こういう即席漬けを作る時に、適当に塩をすることも多いと思うのですが、
材料の重さに対して何%の塩、というのを決めておくといいと思います。
何%にするかはそれぞれのお家のお好みなんですけど。
このフードシーラーを使うと、加えた塩が無駄なく素材に入っていく感がいいなと思います。
素材から水が引き出されますが、それが素材に密着しているので。

使い切らなかった分をまた脱気する場合は、水分が出ていますので注意が必要です。
わたしはテーブルの淵を使って、口のほうをテーブルの上、素材の入っている側をテーブルの下に垂らして脱気しています。
それでも完全にしようとすると水が口のほうに上がってきますので、8割くらいでやめておくのが無難です(*´m`*)。




そして、最近のこと。
以前もちょっと書きましたが、この4月から近くの牧場でハーブ用の農地を借りているのです。
腰の状態も大分よくなってきたので、またそこにちょこちょこと通っています。


20160516牧場.jpg


こんな感じで、ちょっとだけ畑っぽくなってきました。


20160520牧場.jpg

20160520牧場-2.jpg


一番力を入れているのがマイクロトマト。
マイクロトマトって、、、トマトの仲間じゃないらしいですね^^;
ともかく可愛いのでうまく育てばいいなあ、と。
ここだけじゃなくて、庭のプランターでも育てています(*´m`*)。
苗も3種類のネットショップから取り寄せて成長度合いなどを比べています(笑)。





ディルとり放題、使いたい放題が夢でしたが、すでにそれはかないつつあって、
むしろどんどん使わないと、、って感じになっています^^;
その上、畑のほかに、これも庭で育てていたりもします。
どんだけディル好き(爆)。
他にはイタリアンパセリ、チャービル、セルバチコ(ルコラの野生種)が採り放題となっています。
セルバチコはとり放題というか、、庭と畑を席巻中で、ちょっとマズいです(汗)。


20160520牧場-3.jpg


牧場にはポニーがいて。。。
ここは休憩場所なのかな。
ももに気がついたからなのか、単に草を食べるためなのか、近づいてきました。


20160520牧場-4.jpg


もも、へっぴり腰で近づきます。


20160520牧場-5.jpg

20160520牧場-6.jpg


ももは興味津々なのですが、ポニーのほうは全く我関せずで草を食んでおりました。



20160523もも.jpg


牧場貸し切り。
気候がよくなって週末などは人もいますが、平日はほぼこんな感じです。
もったいない。でも、贅沢♡


けん爺。
暖かくなってきたからか、けんも外に出たいと騒ぐように。


20160524けん.jpg


ももが散歩に出ている間のつかの間の庭散策。


20160524けん-2.jpg


だいぶ小さくなり、そしてちょっとボケてきてます(笑)。


こんな感じの毎日です。
なんだか写真とか盛りすぎましたが^^;
なかなか毎日更新できずでまとまらずにスミマセン!






ひらめき6月のお教室 - エスニックの献立

 *エスニック素麺
 *生春巻き
 *茄子のピリ辛ひき肉ソース
 *デザート

10日(金) … 残2名さま
11日(土) … 満席
追加日:19日(日) … 満席
24日(金) … 残2名さま
25日(土) … 満席
  きらきら6月は追加でお受けするのは1回のみとさせていただきますのでご了承ください。
  きらきら追加日の申し込みは終了いたしました。











************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 12:00 | パスタ・麺・ご飯もの | comments(2) | - |
野菜たっぷりピラフ



お世話になっているレシピブログさんのモニターで、
フィリップス社製の「マルチチョッパー」に当選して使わせていただいています^^

実は届いてすぐに楽しそうで、チョップしまくり(笑)、いくつか料理を作ったのですが
なんだかバタバタしていて、その都度細かいレシピをメモしていなくて、
いつものことながらすっかり忘れてしまったので、
改めて冷蔵庫のあり合わせ野菜でこんなピラフを作ってみました。
今回は忘れないうちにUPします^^;

炊き上がりはこんな感じです。





【材料】4〜5人分(作りやすい分量)
米(ジャスミンライス) … 3合
  ※水 … 3.3合くらい
ベーコン … 70g
玉ねぎ … 1個
人参 … 小1本
パプリカ … 1個
ピーマン … 1個
アスパラガス … 細め4本
トマト … 2個
パセリ … 適量
塩 … 小さじ1/2
塩麹(ペースト状) … 大さじ2
オリーブオイル … 適量
黒胡椒 … 適量

ウィンナーソーセージ … 好みの量

【作り方】
ベーコンは1センチ幅くらいに切ります。
アスパラガスは穂先5センチくらいを残し、取置いておきます。
トマト以外の野菜はそれぞれマルチチョッパーに入るくらいの大きさにざっくりと切り、
マルチチョッパーで粗みじん切りにします。
トマトは1センチ角くらいに切ります。

蓋のできる厚手の鍋にオリーブオイルとベーコンを入れてかりっとするまで炒めます。
トマトと、アスパラガスの穂先以外の野菜を加えて、中火でしんなりするまで炒め、塩をします。
ジャスミンライスを加えて野菜から出た汁気などを吸わせるように炒め、
鍋に汁気がなくなったら分量の水と塩麹を加えて強火にします。
鍋底からざっくり混ぜて、沸騰したらトマトとアスパラガスの穂先を乗せて蓋をし、弱火にします。
13分ほど加熱し、最後の30秒くらい強火にします。
 ※炊き上がりは鍋によって若干違ってくると思いますので調整してください。
  鍋底からプチプチ焦げるような音がしたら止め、蓋を開けて水気が多いようなら加熱時間を増やします。

10分ほど蒸らし、黒胡椒を振って混ぜます。
器に盛り、別に炒めておいたウィンナーソーセージとアスパラガスの穂先を乗せ、
好みで更に黒胡椒を挽き、パセリを指でちぎりながら散らします。





野菜をみじん切りにした時点では、お米の量よりも多いのですが、しっかり炊けました^^
野菜から水分が出ますので、水加減はいつもより少なめにするのがいいと思います。
またジャスミンライスを使うと、パラっと仕上がります。


さて、マルチチョッパーですが、、、





こんな風にバスケットに切りたい食材を入れます。





内蓋をして、黒いカバー(蓋?)をしてこれを受けからぐんと押すと電源が入ります。





カットされた野菜がバスケットの下の容器に落ちる、という仕組みです^^

あまり柔らかい食材には向かないですね。
また玉ねぎ1個だと2回に分けて入れないといけないです。
でも、玉ねぎ1個が、、そうですね、、入れ替え時間なども含めて1分あれば粗いみじん切りになります。
小さなキューブ型になるわけではありません(笑)。
でもすり潰されることもないので、使い方次第でとても便利だと思います^^
わたしの個人的なお勧めはキャベツです。
・・・それを使ったレシピはまた別途UPします(*´m`*)。





時間がなくて冷蔵庫にもあまり食材がなかったのですが^^;、
短い時間で手抜きには(多分)見えない一皿が簡単にできました。

味付けは今回のものはとても優しい感じですが、お好みでニンニクや唐辛子を加えたり、
カレー風味にしたりしても美味しいと思います。
またソーセージの代わりに、お好みのお肉をソテーして乗せてもいいですね。
塩レモンペーストを添えるのもお勧めです♪
我が家ではこのパターンの時は塩レモン+ハリッサを添えることが多いのですが、ハリッサ切れでした。
また作っておかなければ(*´m`*)。



人気調理家電でつくる料理レシピ人気調理家電でつくる料理レシピ



5月の教室、募集を始めています。
写真、HPへのUP等暫くお待ちくださいませ!


ひらめき5月のお教室 - 初夏のワンプレートの献立

 *鶏肉のマッシュポテト包み
 *スパニッシュオムレツ
 *ライスサラダ
 *季節の野菜のスープ
    ※その時に手に入る野菜でポタージュスープを作る予定です。
 *水切りヨーグルト&フルーツ

13日(金) … 残2名さま
14日(土) … 残1名さま
27日(金) … 残1名さま
28日(土) … 残2名さま



ひらめき4月のお教室 - 韓国風料理の献立


*チャプチェ(春雨の和えもの)
*ナムル盛り合わせ (その時の野菜の仕入れ状況で3〜4種類)
*トマトとレタスのスープ
*ご飯
*黒胡麻白玉団子


追加日:3日(日) … 残1名さま  終了
8日(金) … 残1名さま終了
9日(土) … 残1名さま終了
追加日:16日(土) … 満席
22日(金) … 残2名さま
23日(土) … 残2名さま


*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。



万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。


ブログやHPに教室の案内を掲載する前に、事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
今回お教室への参加がない場合も、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。









************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 06:24 | パスタ・麺・ご飯もの | comments(0) | - |
ふくさ寿司(風)
20160324茶巾寿司風.jpg


ふくさ寿司は、すし飯を薄焼き卵で包んだものですが
わたしにとっては、学生時代、東京に出てから初めて知った料理のひとつです。
・・というか、ふくさ寿司より先に知ったのは茶巾寿司です。
包み方の違いだけと思っていいのでしょうか、いずれにしても西のほうのお寿司ですよね?
少なくとも、実家では食べたことはありませんでした(´◡`๑)。

で、今回作ったのはふくさ寿司(風)です。
なぜ(風)がつくかと言いますと、ご飯がすし飯ではないからです。

買物に出ず、家にあるもので、と思った時に
あまりにも何もない、何もないけどご飯とお漬け物ってワケにもいかないよねえ、、と。
で、ふと何らかのご飯を卵で包んだらちょっと手がこんでそうだし、ちょっとご馳走風?と思って
こんなものを作ってみたのでした(*´m`*)。


20160323茶巾寿司風.jpg


炊きたてのご飯に梅酢を少しまぶして混ぜ、粗熱が取れたところに
昨年仕込んだ紫蘇の実漬け(梅酢漬けと塩漬けの2種類)を加え、
薄切りにして軽く塩をしてから水気を絞ったきゅうり、生姜と大葉を細く切ったものを加えて混ぜました。
最後に白胡麻をたっぷりめに加えています。
それを薄焼き卵で包みます。

薄焼き卵はウチにある一番大きなフライパン(26センチかな?)で焼いて、丸いのを緩い四角(笑)に切り、
ラップの上に乗せて、ご飯を乗せて包んでそのままラップに包んで暫く置きます。
半分に切って、桜の花の塩漬けを乗せました。

すし飯ではないですが、梅酢の香りが効いて、さっぱり美味しいご飯になりました。


20160323紫蘇のおむすび.jpg


これは、この時に少しご飯が残ってしまったので小さなおむすびにして、
赤紫蘇の葉の梅酢漬けで包んだものです。

実は夫にはこちらのほうがうけたみたいです^^;

ふくさ寿司風は、一晩置いた翌朝のほうが(トップ画像)しっとりと馴染んで美味しかったです。
何もないけど、わざわざ作ったように見える(と思う)こういう料理は
とても得した気分になりますね^^

わたしはすし飯に、きゅうり、葉、冥加、生姜、大葉、胡麻を加えたものが大好きなのです。
それにお魚類を加えることもあります。
今回はその変化形でした。


ちなみにご飯に入っている紫蘇系のモノはこんな感じです。

20160328紫蘇の葉と実.jpg


去年の夏の終わり頃に仕込んだのだったか、、、
仕込んだ時の、塩の分量とかあれこれ、どこかにメモったはずなのに見当たりません。
これを作ったとき、覚え書きでブログに上げようと思ったのですが、
あまりにも地味なので( ´艸`)止めたんだったと思います。
とりあえずは自分用に上げとかないとダメですね^^;









ひらめき4月のお教室 - 韓国風料理の献立


*チャプチェ(春雨の和えもの)
*ナムル盛り合わせ (その時の野菜の仕入れ状況で3〜4種類)
*トマトとレタスのスープ
*ご飯
*黒胡麻白玉団子


追加日:3日(日) … 満席
8日(金) … 残2名さま
9日(土) … 残1名さま
追加日:16日(土) … 残1名さま
22日(金) … 残2名さま
23日(土) … 満席


*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。



*万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。


*ブログやHPに教室の案内を掲載する前に、事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
今回お教室への参加がない場合も、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。






************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 20:57 | パスタ・麺・ご飯もの | comments(0) | - |
お赤飯 〜 土井善晴先生のレシピで
20160302赤飯-6.jpg


数日前からお赤飯が食べたくて(作りたくて)タイミングを見ていたのですが、
いよいよ昨日の夜「絶対明日作ろう!」と決心して就寝。
そうしたら、なんだか今朝はいったん落ち着いたと思っていた目眩グルグルがとんでもなく酷くて
朝、全く使い物にならず、9時をだいぶ過ぎた頃からノロノロと動き出しました。
そして、そうだ、お赤飯だ!と思い出し、それから根性で(?)作りました。

・・・実は(「実は」が何気に多いですよね)、お赤飯って作ったことなかったんです(汗)。
お赤飯は結構好きなんですけど、夫が好きじゃないと言っていたので
食べたい時はわたしの分だけ、コンビニのおむすびになっているのとか、和菓子屋さんで買ったりしていました。
でもね、自分で作って食べてみたい。
今までは夫も食べないのに大変そうなことをすることないか、と思っていたのですが、
冷凍だってできるんだし、自分だけ食べるんでもいいじゃないか、と。

それで参考にさせていただいたのが土井善晴先生のレシピ

どうせ作るなら、あんまり簡易版じゃないほうがいいかなと思って( ´艸`)。
で、作りました。


20160302赤飯.jpg


レシピを眺めると、最初は手順が長くてちょっと面倒くさいような気がしましたが、
よーく読んで取りかかってみればとてもシンプルで、難しいことは何もありませんでした。
むしろあっけないくらいで、今まで作らなかったのがもったいなかった〜!
あ、もち米の浸水時間が長めなので、食べたい時から逆算して作り出さないといけないのだけ、注意が必要です。





もち米3カップに、小豆が1カップなので、小豆率が結構高めです(笑)。
小豆を煮た時点では割れていなかったけれど、出来上がりは割れた小豆が結構ありました。
混ぜる時にもう少し注意したほうがよかったのか、蒸した時に割れたのかは不明です。
でも美味しいのでよしとします^^





冷めてもっちりしたお赤飯に粗めの塩少々と黒胡麻を降って食べたら
本当に美味しくて、もうコンビニのお赤飯のおむすび買うのは止めようと思いました(爆)。
それと夫が「食わず嫌いだったようだ」と言ってました(爆)。


去年から自宅で料理教室を始めたくせに、こんな風に作ったことのない普通の料理がまだまだたくさんあります。
でも、作ってみたら簡単だったという発見をするのは素直にとても嬉しいことだと思います。
なんとなく面倒くさそうとか難しそうという思い込みで作ったことのなかった料理を
ひとつずつクリアしていくと、その延長でまた料理の幅が広がっていきます。
なんでもそうかもしれませんが、特に料理は
ひとつのことを理解するとそこからどんどんレパートリーが増えていくものじゃないかと思います。
次の初めては何にしようかな(*´ー`*)?










ひらめき3月のお教室 - 和風グラタンの献立


*鱈と長芋の和風グラタン
*ほうれん草の蕗の薹和え (※蕗の薹が手に入らない場合は 菜の花のかすみ和え)
*鶏だんごと蕪のすまし汁
*ご飯
*苺大福(わたしが作ってお出しする予定)→ 一緒に作ります♪


5日(土)・追加日 … 満席
9日(水)・追加日 … 満席
11日(金) … 満席
12日(土) … 満席
25日(金) … 残3名さま
26日(土) … 満席

*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。



*万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。


*ブログやHPに教室の案内を掲載する前に、事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
今回お教室への参加がない場合も、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。







************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 22:44 | パスタ・麺・ご飯もの | comments(0) | - |
牡蛎と茸のピラフ〜 常備菜で
20160104牡蛎と茸のピラフ-4.jpg


冷蔵庫にある常備菜でお昼ご飯。
牡蛎、茸のそれぞれオイルマリネを使ったピラフ(炊き込みご飯)です。
この組合わせはパスタやリゾットなどもよく作ります。
このふたつは、我が家にとってほんとにお助け常備菜です^^


【材料】
米(ジャスミンライス) … 1.5カップ
 ※水 … 1.8カップ
茸のオイルマリネ … 1カップ分くらい〜
牡蛎のオイル漬け … 6粒
牡蛎のオイル漬けのオイル … 大さじ2
塩 … ふたつまみくらい ※味をみて

【作り方】
鍋に米を入れ、牡蛎をオイル漬けにしている油を加えて混ぜます。
米に油が馴染んだら弱火にかけて暫く炒め、茸のオイルマリネを加えてざっと混ぜ蓋はせずに強火にします。
煮たってきたらスープの味をみて塩を加え、蓋をして弱火にし12分くらい加熱します。
火を止める1分くらい前に牡蛎を加え、火を止めたら10分蒸らします。





味付けは茸と牡蛎のそれぞれの味をベースにしますが、
水を加えたところでスープの味をみて塩が足りなさそうだったら少し足してあげます。
食べてみてどうしても足りなければその時に塩を振ってもいいので
ここであまり塩辛くしないほうがいいと思います。


20160104牡蛎と茸のピラフ.jpg


ジャスミンライスはこうしたピラフを作る時にパラリと仕上がって美味しいのですが
勿論普通のお米でも大丈夫です。
わたしはこうしたピラフを作る時にはお米は研がずにそのまま使っています。
もし研がなければ気持ち悪い!というかたは、
研いだ後よく水気を切ってお米がサラっとした状態にしてくださいね^^

茸のオイルマリネ、牡蛎のオイル漬けともにブログ内で検索していただくと
いくつかレシピが見つかると思いますので、ご興味のあるかたは探してみてください♪
(手抜きでごめんなさい)



おまけ。

20160105キャベツのペペロンチーノ.jpg


キャベツのペペロンチーノのパスタ。
自家製のベーコンを使っています。
唐辛子はたっぷりですが、ホールのまま、それほど加熱時間も長くないので激辛というほどではありません。
でもピリリと辛くて美味しいです。

パスタを加えないものも、お酒(特にワインや洋酒系)のおつまみにお勧めですよ♡









************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 22:45 | パスタ・麺・ご飯もの | comments(0) | - |
茸のおこわ
20151029茸のおこわ-3.jpg


わたしはもち米が好きで、つまりお赤飯やおこわが好きだったのですが
夫は何かにつけ「おこわは嫌いだ」と言っていました。
なので普通の炊き込みご飯は作ってもおこわは作りませんでした。
ですが、、、
先月の教室のメニュー「鳥牛蒡ご飯」にこっそりと(?)もち米を混ぜていたのですが
夫はそれを試食の段階からずっと旨い、旨いと食べていました。
結構もっちり感があったと思うんですけど(笑)。

まあそれで、教室で使ったもち米が少し残っていたのでおこわを作ってみようと。
恐らく茸たっぷりのものなら文句もあまり出ないのではないかと。


20151029茸のおこわ-2.jpg


で、夫は「おこわは嫌いだ」と言っていたのが嘘のように、食べました(*`艸´)。
「こういうおこわは好きなんだ」って。
どういうの(爆)?


【材料】
もち米 … 3合
鶏もも肉 … 1枚
油揚げ … 1枚
茸 … 適量 ※今回は舞茸、シメジ茸、大粒なめこ各1パック
人参 … 1/3本くらい
水 … 300ml
かえし … 大さじ3

【作り方】
もち米は研いで半日ほど水に浸けておき、使う時によく水を切ります。
鶏もも肉は1〜2センチ角に切ります。
油揚げは縦に3等分してから5ミリ幅くらいに切ります。
茸は石付きを落とし、食べやすい大きさに手で裂きます。
人参は千切りにします。

鍋に米以外の材料を入れて火にかけ、煮立ったら火を弱めて3分ほど煮込みます。
米を加えて煮汁を吸わせるようにざっくりと混ぜていきます。

完全に水分がなくなったら、蒸し布をしいた蒸篭に平に入れ、真ん中に蒸気の通り道の穴を作ります。
煮立った鍋に乗せ、20〜25分くらい蒸します。
(ご飯を食べてみて芯が残っていなければOK)

蒸し布の端を持って飯台に移してさっくり混ぜ合わせます。


20151029茸のおこわ.jpg


実はおこわ、初挑戦。
作り方はネットで検索しましたが、炊飯器で炊くかたも多いようですね。
わたしはせっかくなので「蒸篭」もキーワードにして調べました。
最近は初挑戦のものはネットで便利に調べられますが、
お米の量、加える具材、味付けなど様々ですので、当然作りたいものがピンポイントでは見つかりません。
またネットで紹介されているレシピはプロのかたのものではないほうが多いですから(笑)、
ヒントをいくつか探せたら、あとは想像力を働かせて出来上がりをイメージしてトライすればまあ、たいていはなんとかなります(笑)。
このブログをご覧のかたも、そういう感じで利用していただければと思います( ´艸`)。

このおこわは、別に何も大変なことはなくて、手順もシンプル、
むしろ土鍋で炊く炊き込みご飯より気分は楽でした(失敗する要素がほとんどない)。
味付けはいつもの「かえし」で。
お好みで醤油や味醂などで味を整えればいいと思いますが、かえしを作っておくのはホントにお勧めです。

使った蒸し器は27センチ径のもので、この分量にはぴったりでしたが、
もう一回りか二回り大きいのが欲しいなあとずっと思っています。
大きめの皿を入れての蒸し物ができなくて何度か断念しているので。


20151029茸のおこわ-4.jpg


炊いた(蒸した)のは遅めの午後だったのですが、夜の分(日本酒のおつまみ( ´艸`))を取り分け、
あとはすぐに冷凍してしまいました。
もち米の入ったご飯は、炊きたてよりちょっと冷めてからのほうが美味しいと思っています。
市販のおこわは粘りが強過ぎるというか、半分お餅みたい(?)になっているものも結構ありますが、
今回作ったものはもっちりしているけど塊にはならない、ほんとにいい出来でした(自画自賛)。
お好みでもち米と普通の白米と混ぜてもいいと思います。



おまけ。

20151030五目きんぴら.jpg


五目キンピラ。
レンコン、牛蒡、人参、油揚げ、ツキコン(糸コンニャクより太め?)。
こちらの味付けも「かえし」がベースです^^
こういう料理はほんと、簡単なのにしみじみ美味しいですよね♡





ひらめき11月のお教室 - パスタの献立

13日(金) … 残2名様
14日(土) … 満席
15日(日)・追加日 … 残1名様
26日(木)・追加日 … 残1名様
27日(金) … 満席
28日(土) … 残1名様
29日(日)・追加日 … 残1名様


*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。






************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 05:43 | パスタ・麺・ご飯もの | comments(0) | - |
栗ごはん
20150927栗ご飯-6.jpg


ご近所で仲良くしていただいているお宅から栗をいただきました。
実はわたしは栗好き(栗ご飯は特に好き!)なのですが、夫が栗ご飯を好まないので
今年もファーマーズマーケットに売られている栗を横目で見て買えずにいたのです。
でもいただきものなら(*´ー`*)♡

というわけで、堂々と作りましたよ栗ごはん(笑)。

いただいたのはとーってもたくさんで、すでに水に浸けておいてくださっていたのかな、
すぐに剝くことができました。
でもなにせ量が多くて嬉しい悲鳴でした♪

で、元気で美味しい栗だからでしょうか、むっちり太った虫さんたちが(笑)。
最初は2/3は渋皮煮、残りを栗ご飯にと思っていたのですが、
鬼皮をむいても綺麗なのに、渋皮をむくと「寝てました」みたいな虫がゴロっと^^;
鬼皮をむいて、その部分を取り除き、とりあえずご飯用に450g。


20150927栗ご飯-4.jpg


じゃーん。3合のお米に剝き栗450gですから迫力あります。
水は4合ちょっと、塩を小さじ2。
炊上る直前にお酒を大さじ2回し入れて、最後強火にして30秒ほど。


20150927栗ご飯-5.jpg


ほくほくで甘い栗と、ちょっと塩気のあるご飯(新米)。
おかずがいらないくらい美味しかったです。

残っている栗は渋皮をつけたままちょっとだけ茹でて冷凍しました。
あと2回くらい栗ご飯が楽しめるかなと思うと楽しみです^^










ひらめき10月のお教室案内 〜 和食の献立

9日(金)  残4名さま
10日(土) 満席 
23日(金) 満席
24日(土) 満席

お申込はHPのメールフォームよりお願いいたします。





************************************


たかはし ゆり HP

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 14:40 | パスタ・麺・ご飯もの | comments(0) | - |