CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
家庭菜園での野菜作り、そして料理。
お正月2日はお肉中心で
お正月の2日は、夕方息子が帰省してくるのと、この日が誕生日の妹が来ることになっていて、
特に妹は一人では絶対飲まないと思う、とわりと(^m^)いいワインを持って行くねと言ってくれていたので
お肉を追加で数点、それとちょっとおつまみに、作りおきのお節で宴会でした。

で、夕方から宴会なので昼間は軽くお雑煮だけにしました。


20130102正月2日.jpg


鶏肉と、大根、人参、ごぼう、小松菜、なるとの代わりの蒲鉾です。
ごぼうを入れたのは初めて。なんとなく(*´ー`*)。
そして、普通は入れるかな? なると。
わたしの実家ではお雑煮には絶対なるとが入っていたのですが、案外高い(笑)。
で、お雑煮に入れるにしても丸々1本なんか使わないから蒲鉾で代用したのです。
ネットで検索して飾り切りにして(^m^)。
結構可愛いくできたとご満悦なわたしでした。


で、、、
日が暮れかけてきて宴会のスタートはこんな感じから。


20130102正月2日-6.jpg


まずはビールで乾杯だったのですが、ホントに乾杯だけですぐにワインに移行。
あ、夫と息子は日本酒も同時に^^
・・・妹も終盤日本酒いってたかな?
さすがに風邪のせいか絶好調といかなかったわたしは大人しくワインだけで( ´艸`)。


追加のおつまみは、冷蔵庫にあるもの、あれだこれだと並べていくうちにもうワケわからなくなって、写真はありません(^ω^;)。
いつものことですねー。


用意したお肉はこんなでした。


20130102正月2日-3.jpg


鴨のロースト。
これはまあ、下準備は解凍ですね(◍′ω‵◍) 。
ちょっと焼き過ぎたかなあ、、と思ったのですが、このくらい火が通っていないと夫が食べないし、よしですね。


20130102正月2日-4.jpg


塩麹に漬けておいた豚ロースの塊肉で中華風の煮豚。


20130102正月2日-2.jpg


牛タンと茸のトマトシチュー。


あ、、写真はないのですが、前日に作った牛のローストの残りも。
ローストと言っても、ヒレで作ったものなので小さいんですが。


お肉じゃないおつまみ。
色がちょっと綺麗でしょう(*´ー`*)。


20130102正月2日-5.jpg


お節で作ったもの以外では定番の茸マリネとか、白菜の辛子漬けとか、、、
あ、最後の最後には宇都宮の叔母が送ってくれた「正嗣(まさし)」の餃子も。
冷凍の餃子、なかなか上手に焼けないなあと思っていたら、
妹が温度設定を180度にするといいよと教えてくれて、ほんとに皮はパリっと中はジューシーに焼けてました♪


さて、飲んだワインはこちら。
妹が持ってきてくれたのはピュイ・フュッセ、ブラーヌ・カントナック、ジュヴレ・シャンベルタン、
そして、ウチのセラーにいつからか眠っていたオーバタイエ。
むーん。お正月だからって贅沢し過ぎ(`m´#)。
でもまあ、、、色々とお目出度いということで。
ちなみに、一応妹は「ワインアドバイザー」、わたしは「ワインエキスパート」の資格を持っているのですが
2人の感想は「高いワインの味がする!」「上品だ〜!」「久しぶりにいいワインを飲んだ!」
・・・・そんなもんでした。スミマセン(・ω・;)。


20130102正月2日-ワイン.jpg


十分アルコール消毒したのですが、風邪はなかなかすっきり抜けませんo(´^`)o 。。。
酷くなって寝込むとか熱が出るということもないのですが、
ゴホゴホと咳が続き、なんとなく「体調悪いの?」という雰囲気をかもしだしているようです。

はー、早くすっきりしたいです。







************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************
posted by ゆりり | 09:42 | 季節・行事 | comments(0) | - |
明けましておめでとうございます
20130101お節-5-2.jpg


東京は穏やかな元旦でした。
みなさまはどんなお正月をお過ごしでしょうか。

昨年とほぼ同じような写真になってますが(笑)、本日の昼間の宴です。
お節に格別の愛を持っているわけではないわれわれ夫婦ではありますが(^m^)、
夫の好物を中心に、多少はお正月の雰囲気を出したいと思った、そんな食卓です。
わたしの実家も夫の実家もお節をお重に詰める習慣がなかったので、
わたしはお重にどんな風にお料理を詰めたらいいのかわらかないのでいつもこんな風です。

並べたものをざっとご紹介だけ。


20130101お節-6.jpg

お煮染め。よい味になりました♡


20130101お節-2-2.jpg

紅白なます。
これは絶対!という夫のリクエストが毎年必ずあるのです。
今回の作り方はあとでアップしようかな、、毎年少しずつ変わるんですよね(*´ー`*)。


20130101お節-3-2.jpg

蛸ブツ。
あ、切っただけですね( 艸`*)。


20130101お節-4-2.jpg

ぜんまいの煮物。
お節料理じゃないと思いますが、夫の実家ではお正月に必ず義母が作っていたので。
これも夫の大・大・大好物(笑)。
乾燥ぜんまいを戻すのがまあ手間といえば手間ですが、美味しいので♡




松前漬け。
いつも福島の郷土料理のイカ人参だったのですが、久しぶりに。
でも、夫はイカ人参のほうが好きだって、、慣れってすごいですね( 艸`*)。




鰊の昆布巻きと、コハダの粟漬け。
コハダのほうは近所のお魚屋さんの自家製のもの。
鰊はカチコチの身欠き鰊を使いました。
これも戻すのに3日くらいかかるので大変ですけど、やっぱりソフトタイプとは味が全然違いますね♡


20130101お節-7.jpg

塩辛。
塩辛は自分で作ったものが一番好き♡


20130101お節-8.jpg

紅白蒲鉾(切っただけ)。
伊達巻き。鬼すだれ、、結局買ってなかったんだったと思う晦日でありました(*`艸´)。。。
数の子。


20130101お節-9.jpg

ちょっと気張ったシャンパーニュで乾杯。


20130101お節-10.jpg

でもやっぱり日本酒が美味しい♡


20130101お節-6-2.jpg

実は昨日の朝起きた時から調子がイマイチで、、風邪引いちゃったみたいですね^^;
なんでこういうタイミングで?と思うんですが。
わたしは絶対風邪はひかないと、根拠のない自信があったのに敢えなく撃沈。
でもまあ、寝込むほどでもなく、いつもよりは食欲がちょっとない、いつもほどは飲めない、、という程度なのでよしといたしましょう。


昨年はとても多くのかたにブログを見ていただき、12月には一ヶ月のアクセス数が10万を超えました。
何の肩書きもない普通の主婦が作る日々の料理を見に来てくださることに、
驚きとともに、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
今年もまたこれまでと同じような料理にはなると思いますけれど、
一生懸命お料理を作って、写真を撮って、なるべくわかりやすいレシピを残していきたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!

そして今年がみなさまにとりまして、素晴らしい1年となりますように(*^-^*) ♡







************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************



posted by ゆりり | 18:53 | 季節・行事 | comments(2) | - |
筑前煮
筑前煮


これもお正月の備忘録の一環です(^-^;)。
筑前煮はお正月に限らず作るものではありますが。
わたしのはお正月用でも飾り切りなどは一切せず(できず?)、質実剛健な雰囲気の煮物になっています(^m^ )。


【材料】
鶏もも肉 … 1枚
干し椎茸 … 5枚
人参 … 1本
牛蒡 … 1本
レンコン … 1節
里芋 … 5〜6個
絹さや … 10枚くらい
こんにゃく … 1まい

油 … 大さじ2〜3
出汁 … 適量  ※カップ4〜5(目安)
かえし … 適量 ※1/2カップ(目安)
みりん … 大さじ1〜2

【作り方】
干し椎茸は戻し、大きければ3〜4切れに、小さければ半分に斜め切りにします。
鶏肉は一口大に切ります。
人参は乱切りにします。
牛蒡は薄目の乱切りにし、水にさらしてアクを抜きます。
レンコンは一口か二口で食べられるくらいの乱切りにし酢水にさらして、水で流します。
里芋は一口大に切りさっと下茹でして水で流します。
絹さやは塩少々を入れたお湯でさっと茹でて水に取り、水気を切っておきます。
こんにゃくは湯がいてスプーンなどで一口大に切ります。

鍋に油を熱し、牛蒡と人参を炒め、油が回ったら鶏肉を加えて表面の色が変わるまで炒めます。
レンコン、こんにゃく、干し椎茸を加えてさらに軽く炒め、出汁を材料が2/3くらい隠れる程度に注ぎます。
みりんを入れ、キッチンペーパーを鍋の径に合わせて切って落とし蓋にし
時々煮汁が全体に回るように鍋を回し、材料がだいたい柔らかくなるまで弱火で20〜30分煮ます。
里芋を加え、かえしを入れ、里芋が柔らかくなるまで煮ます。
味をみて、かえし、または醤油、みりんで整えます。
器に盛り付けて、斜め切りにした絹さやをちらします。


筑前煮


煮汁は多すぎないようにします。
最後に少し煮汁を飛ばし、炒り煮のような感じにします。

かえしは、お醤油、砂糖、みりんを混ぜた作り置きの調味料です。
日持ちもするし、作っておくと便利ですよ^^
かえしだけだと少し甘みが足りないと思ったので、煮崩れ防止もかねてみりんを入れています。
ご自身で作ったかえしの味になれると、それをベースにして煮物や麺のお汁などの味を決めるのが楽になります。
かえしにかつお節や昆布を加えた出汁醤油もたまに作りますが、
かえしのほうが使いやすいかなあと思っています。






この大きい鉢も、母から譲ってもらったもの。
やはり、「いいもの」ではありません(^m^ )。
でも、この古色蒼然とした色合いが好きなんですよね。




************************************

2つのランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです(^-^)。ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

************************************
posted by ゆりり | 09:14 | 季節・行事 | comments(0) | - |
ばらちらし
20120102 ちらし寿司.jpg


まだお正月っぽいネタを引きずっています(笑)。
新年の2日が妹の誕生日で、ウチに呼んでお祝いしました。
お正月用に揃えたアレコレを乗せて、ちょっと豪華に見えるばらちらしを作りました^^
食べ切ってしまいたいものなんかを使って冷蔵庫の整理にもなりました(^m^ )。


【材料】
米 … 3合
昆布 … 10センチくらい

☆すし酢
酢 … 大さじ4
砂糖 … 大さじ2
塩 … 小さじ1

きゅうり … 1本
大葉 … 10枚〜
炒り胡麻 … 大さじ3

卵 … 1個
細切り海苔 … 適量 

いくら・こはだ(酢〆)・たこ・蒸し海老・スモークサーモン・絹さやなど … 適量

【作り方】
すし酢の材料を合わせて一煮立ちさせ、冷ましておきます。

米をといでいつもより少し固めになる水加減にし、昆布を入れて1時間くらい置いておきます。
火にかけて、沸騰してきたら昆布を取り出し、蓋をして弱火にして10分炊き、15分くらい蒸らします。
 ※炊飯器ではなく鋳物のお鍋で炊いています。

飯台に炊きあがったご飯を広げてすし酢を全体に振りかけ、1分くらい待って、
団扇であおぎながら、しゃもじで全体を切るように混ぜます。

きゅうりは薄切りにして軽く塩をして水気を絞ります。
大葉は細切りにします。
卵は1個を2回に分けて薄く焼き、細く切ります(錦糸卵)。

すし飯に、キュウリ、大葉、胡麻を加えてよく混ぜます。
海苔と錦糸卵を全体に撒くように広げます。
すし飯を器に平に盛り、具材を適当に散らします。


20120102 ちらし寿司-2.jpg


このすし飯は、あっさりめだと思いますので、お好みで調整してください。
市販のすし酢でもいいと思います^^

ご飯にきゅうりや大葉を入れるのはわたし流です。
夏場だと冥加を加えたりもします。

お正月だったので、特別色々揃えなくてもあるもので出来ましたが、
普段作る場合は、お寿司セットのようなお刺身の盛り合わせを使うと簡単ですね^^

こういうご飯物は日本酒のおつまみになるし、
作るのは簡単でも見た目にご馳走風になって嬉しいものです(^-^)


ばらちらし






************************************

2つのランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです(^-^)。ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

************************************




posted by ゆりり | 11:00 | 季節・行事 | comments(4) | - |
いか人参 ☆ お正月の備忘録(2012)
20120103 いか人参.jpg


以前のゆりり亭(福島のお酒を飲む会)の時にもご紹介していますが、
多分福島限定の、お正月(冬場)の保存食です。

それぞれの家庭によって作り方は違うと思いますが、
わたしのは実家で作っていたそのまま(のはず)で、ものすごく単純で、
ものすごく、、、田舎っぽい感じだと思います(笑)。


【材料】
人参 … 長人参なら1本
スルメイカ … 1枚  ※脚の部分はわたしは使いません。

酒・醤油 … 1カップずつ(同量で、人参とスルメが漬かる分量)

【作り方】
スルメは酒少々を浸したキッチンペーパーなどで表面を拭き、
横に4〜5センチの長さに切り、背骨に垂直に2ミリくらいの幅に切ります。
人参はスルメと同じくらいの長さのマッチ棒くらいの角切りにします。

すべての材料を合わせ、保存用のビニールの袋に入れてよく揉み込むか、
ボウル等に入れて皿を被せてぎゅっと押しつけておきます。

丸1日以上置きます。


20120103 いか人参-2.jpg


ウチではお酒は煮切りません。そのまま。
スルメも柔らかくしてから使う方もいらっしゃいますが、そのまま(笑)。
なのでイカが柔らかくなって、全体に味がしみ込み、食べごろだなと思うまで結構時間がかかります。

おつまみには勿論ですが、炊きたてのご飯にも合うんですよ^^。

・・・で、実は、、告白。
今回、切って売られているスルメイカを使ってみたのです。
そうしたら、ちょっと柔らか過ぎるというのか、田舎っぽさがなかったというか(笑)。
スルメって固いから、キッチン鋏でも切るのが大変なんですよね。
(子供の頃はわたしたち子供の役割でした)
それでつい、買ってみたんですが。。。
やっぱり自分で切らないと、と思いました(^-^;)。







************************************

2つのランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです(^-^)。ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

************************************
posted by ゆりり | 11:27 | 季節・行事 | comments(0) | - |
帆立入り伊達巻き ☆ お正月の備忘録(2012)
20120104 伊達巻き-4.jpg


実は、、伊達巻き、追加で作りました(^m^ )。
今年初挑戦した伊達巻きでしたが、夫が喜んでくれたのと、
あとはやっぱり、オーブンで作ってみたらどんな?というのがあったので。

天板で作らなくても、琺瑯のバットで作ればいいんじゃない?と思いついたし。
・・・っていうか、、最初から気付け!って感じですよね(^-^;)。


【材料】25×20センチの琺瑯バット使用
卵 … 5個
はんぺん … 1枚
砂糖 … 大さじ2.5
みりん … 大さじ2
塩糀(ペースト) … 大さじ1
帆立貝柱(お刺身用) … 5個

【作り方】
フードプロセッサに、はんぺんをちぎりながら入れ、滑らかになったら帆立も入れて撹拌します。
卵と、調味料を入れてさらに滑らかになるまで撹拌します。

クッキングシートを敷いたバットに卵液を流し入れます。

200度に余熱したオーブンで10分、180度にして10分焼きます。
熱いうちに巻きすで巻いて、両脇と真ん中を輪ゴムでとめ、冷めるまでそのまま置いておきます。
 ※わたしは巻きすの上からラップで覆い、一晩置きました。


20120104 伊達巻き.jpg


フライパンで作った時には、
フライパンの底に接していた面が、こんがり過ぎるほど色づいてしまいましたが、
オーブンで作ったら、どちらもうっすらしか色づきませんでした(^-^;)。
火の通り具合はよかったと思うのですが、、、

帆立を入れたのは、、、入れたら美味しいんじゃないかと思ったからです(^m^ )。
ホントは最初の最初は基本形で作るべきなんでしょうけど。
でも夫が絶賛してくれたので、これでいいかな♪と思います。

夫は卵焼きとかだし巻き卵は好きじゃないそうなんですが(初めて知った!(爆))、
伊達巻きは好きだと。。。
いやあ、、、こんなに長いこと一緒に暮らしていても、知らないことってあるんですねえ。



ちなみに、フライパンで作った最初のは、コレです(^-^;)。
これも、夫は美味しいと言って喜んで食べてくれましたが。





これは卵が4個、蒸し海老が7〜8尾入ってます(やっぱり基本に忠実じゃない)。
オーブンで焼いたもののほうが、ほわほわした食感になりましたが、
それはフライパンとオーブンの違いなのか、卵の量の違いなのか、
はたまた撹拌の程度の違いなのかは、ちょっと不明です。

卵焼きより日持ちするし、夫が好きなら、
これからは普段の日も、卵焼きじゃなくて伊達巻きを作ろうかなあ〜と思ったお正月でした。

ちなみに、普通の巻きすで巻いています。
本来は鬼すだれというので巻いて、しっかりとした深いぎざぎざ模様を付けるそうですが、、、
うーん。
どうしよう。
普通の巻きすでついた、浅めの細い模様も可愛いと思うんですけど(^m^ )。







************************************

2つのランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです(^-^)。ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

************************************


posted by ゆりり | 17:36 | 季節・行事 | comments(4) | - |
数の子 ☆ お正月の備忘録(2012)
20120104 数の子.jpg


数の子は、わたしは特別に好きではありません。
でも、お正月の頃に、ちょこっとつまむのは嫌いではありません(笑)。
今の季節、飲み屋さんとかでお通しで出されれば「おお♪」と思いますし、
時には、おつまみとして頼むことだってなくはない、、と思います。

亡くなった義父は数の子が好きで、義母が元気だった頃は随分たくさんの量を作っていました。
義母が作った数の子は結構味が濃かったように記憶しています。
うーん、わたしの実家の方も味付けは濃かったかな。
昔は数の子って、保存性のこともあって、濃いめの味付けにしていたのかもしれないですね。


さて、わたしの数の子です^^


20120101 2012-元旦-3-2.jpg


【材料】
塩数の子 … 5〜6本(好きなだけ)

出汁 … 適量
かえし ※薄口醤油を使ったほう … 出汁の2割弱くらい

酒 … 少々

かつお節 … 適宜

【作り方】
数の子は多めの水に、一昼夜かもうちょっと(様子を見て)浸けておきます。
途中時々水を替えます。
表面の薄皮が白く浮いてきたらはがして、細かいカスなどが残らないように綺麗にします。
 ※はしのほうを折って食べて、カリカリした食感と、若干の塩気が残っているくらいがいいと思います。

数の子の水気を押さえ、酒少々をふりかけて15分くらい置きます。

濃いめにとった出汁にかえしを入れ、数の子がすっかり隠れるくらいの量にして漬けます。
丸1日以上おいたほうが味がしみて美味しいです。

食べやすい大きさに切って盛りつけ、かつお節を乗せます。


20120104 数の子-2.jpg


味付けはホントに好みだと思います。
お醤油も薄口でも、濃い口でもどちらでもいいと思いますが、
わたしは色が薄目のほうが綺麗だと思うので、薄口にしています。
ウチで買っているのは漂白されていないものなので、ちょっと濃いめに見えるかも、ですが。


20120104 数の子-3.jpg


特別好きなわけじゃないけど、お正月にはとりあえず食べる、まさにそんな料理の筆頭です(^m^ )。
もし大好物だとしても、この時期じゃないとお店でも置いてないですから
ほどほどに好きでよかったかな、と思います(笑)。
お酒をゆるゆる飲むのにも、お腹にたまらずいいですしね^^





☆元旦に盛りつけた角皿は、母から譲り受けたもの。
これもまあ、銘が入っているわけでもなく、いいものではないと言われてますが(笑)、
年期が入って、かつてはかなり派手な色だったはずですが、今は古色蒼然と落ち着いて好きな感じです^^。
それでもなかなか使うのが難しそうだなあと思っていて、出番がなかったのですがやっと日の目を見ました。
もうちょっと普段に使ってあげたいなと思いました。

酒器セットは、片口が山中塗の布着せとモダンな冷酒グラスの組み合わせで、お正月用に準備しました。
片口がたっぷりの容量で、ウチにピッタリですし(^m^ )、お料理用にも使えそう。
あまり季節を問わず活躍してくれるかな、と思っています♪

☆織部の可愛い千鳥は(器の中にも千鳥が飛んでるんですよー(笑))、6月にコラボ展をさせていただく喜多窯 霞仙さんのもの。


 

************************************

2つのランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです(^-^)。ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

************************************

posted by ゆりり | 16:22 | 季節・行事 | comments(2) | - |
黒豆 ☆ お正月の備忘録(2012)
20120103 黒豆.jpg


わたしを知っているみなさん、そしてブログを見てくださっている方の何人かは
わたしが甘い物を食べないことをご存知だと思います。
それは豆料理に関してもそうで、、、甘いお豆は基本的に煮ないのです。
が、、今年のお正月はなぜか黒豆が(笑)。

年末に食品庫を整理していたら、なぜかわからないんですけど、、黒豆が出て来たんですねー(^-^;)。
どうしてかなあ。
でも、自分で買ったんでしょうねえ。
で、賞味期限が若干切れていたのですが(^-^;)、もったいないので煮ましょうと。

ざざっと今回の作り方を。

黒豆は200gでした。

黒豆を洗って、鉄くぎとともに圧力鍋に入れます。
水3カップに黒砂糖を大さじ5入れて煮とかしたものを冷まし、圧力なべに入れます。
 ※黒豆全体が隠れるくらい。

そのまま丸1日置いておいた圧力鍋を火にかけて、圧がかかったら高圧で1分煮ます。
圧が抜けるまでそのまま置いておき、黒豆がちょうど入るくらいの鍋に移します。

汁の味をみたら全然甘くなく、豆もまだ十分に柔らかくなかったので、
塩小さじ1と、砂糖を大さじ2足し、ごく弱火で2時間ほど煮ました。

途中豆が顔を出しそうになったら、沸騰したお湯を足し、アクが浮いたらアクをとり、
味を見ながら何度か砂糖を足しました。
最後のほうは黒砂糖ではなく、きび砂糖にしました。

最終的にどのくらいのお砂糖を入れたのか、、(^-^;)
大さじで8くらい? かなあ。
もう少し多かったかなあ? すみません。 本人の備忘録なので。

出来立ては甘くなかったのですが、一晩置いて味が馴染んだらいい感じに甘くなりました。
わたしでも美味しく食べられる甘さですが(笑)、夫にも、妹にも美味しいと言ってもらえました♪


20120103 黒豆-2.jpg


子どもの頃、母は黒豆を食べると声がよくなると言いました。
黒豆を食べるだけではなく、煮汁をお湯で薄めたものも飲みましたが、、
みなさんはそういう記憶はありませんか?




今回の器、朱色のラインが入ったお皿は、deux Cで。

黒豆の入った器は、確か、合羽橋の田窯さんで。

オリーブのスプーンは、、銀座の松屋の北欧展みたいなので買ったんじゃなかったかなあ。
ウチにある北欧とか、それっぽい小物類は、たまたま遭遇した(なぜか遭遇率が高いんですけど(笑))
松屋でのイベントでゲットしたものが多いですね^^

半月盆は、安売りされていたのをお正月用に買ってみたのですが、、、
赤と黒でリバーシブルで、値段のわりになかなかよかったなあと思っているんですけど、、、
ふちがカケていました(^-^;)。
袋に入っていて気がつきませんでした。。。
マジックで塗っちゃいました(爆)。

織部のお茶碗は喜多窯 霞仙さんのものです^^






************************************

2つのランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです(^-^)。ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

************************************



posted by ゆりり | 17:11 | 季節・行事 | comments(4) | - |
紅白なます ☆ お正月の備忘録(2012)
20120103 紅白なます.jpg


紅白なますだけは、結婚してからずーっと作っているおせち料理のひとつです。
お正月以外にもたまに作ったりしますが、やっぱり我が家にとってはお正月感が強い料理です。

いつも漬け汁の加減は悩みます。
甘いのは好きではないのですが、あんまりツンツンと酢がキツいのもいやだし。
結局は味をみながら少しずつ調整ということにはなるのですが(^-^;)。
保存がきくので多めに作ります。


【材料】
大根 … 1本
人参 … 1/2本(あれば金時人参を)
昆布 … 10センチくらい

☆漬け汁
酢 … 1カップ
砂糖 … 大さじ5くらい
塩 … 小さじ1弱
水 … 1/4カップ

柚子の皮 … 適宜

【作り方】
漬け汁の材料を合わせて一煮立ちさせ、冷ましておきます。

大根と人参は皮を剥き、斜め薄切りにしてから千切りにし、塩少々(分量外)を振ります。
出た水気を絞ります。

昆布は濡れ布巾で拭き、酒少々をまぶして(分量外)柔らかくなったら細く切ります。

大根、人参、昆布をいれた容器に漬け汁を入れて、皿等を被せて押しつけ、
冷蔵庫で一晩以上置きます。
 ※時々混ぜ返します。

器に盛って、好みで柚子の皮の千切りを添えます。



20111231 紅白なます-2.jpg


いつも甘みが足りないかなあ〜と思うんですけど、夫がこのくらいがいいというのでいいことにしちゃってます。
わたしは作ってすぐより2日くらい置いたのが好きですね^^


20120103 紅白なます-5.jpg


今回、実は千切りが不満で(笑)。
太さ(細さ?)がバラバラなんですねー(^-^;)。
まあ、食べる分には影響はないんですけど、、、
修行が足りないですねー。。。老眼鏡かけて刻んだんですけど(爆)。




お気づきの方もいらっしゃると思いますが、年末から時々器の情報を書いています。
たまにどこのものですか?と質問されることがあるので、わかる(覚えている)範囲で♪

で、今年のお正月はちょっと「お正月風」のスタイリングを意識して楽しんでいます^^

☆大きな染め付けの蓋付きの器は、実家から譲り受けたもの。
特別いいものとか、そういうモノじゃないのですが、母方の祖母か、曽祖母が買ったものだと思います。
母が娘時代にはすでにあったそうですから。
今風じゃない色が好きです^^

☆とても小さな可愛いお重は3.1寸マス重
最近時々覗いているジオクラフトさんで。

☆梅模様の箸置きは、年末の買い出しの時にフラフラと(笑)立ち寄ったdeux C (ドゥ・セー)で。

☆青い桜の小さなマットは友人からのプレゼントです^^
 色違いで赤いのと、それぞれコースターもあります。





************************************

2つのランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです(^-^)。ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

************************************
posted by ゆりり | 16:32 | 季節・行事 | comments(0) | - |
明けましておめでとうございます



みなさま、明けましておめでとうございます。
昨年は本当にお世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

そしてみなさまにとりまして、この1年が充実した素敵なものとなりますようにきらきら





昨年のお正月は、その前年に義父母を相次いで見送ったので
なにかお祝いという感じでもなく過ごしていました。
その3ヶ月後に、東日本は思いがけない未曾有の大災害に見舞われ、
実家及び田舎で暮らす兄弟たちにも甚大な被害があり、
わたし自身はなんら影響を受けることはなかったのですが、
普通に暮らすこと、食を楽しむことが申し訳ないような日々でした。

このお正月は、みなさまも様々な思いを持って迎えられたことと思います。
先ほど東京では、のんびりしたお正月気分にひやりと水をさすようなタイミングで
結構な揺れがありました。
油断するなよと言われたような気がしました。

何があるかわかりませんけれど、
今年もわたしは美味しいものを作り、写真を撮り、
このブログを通してたくさんのみなさまと交流していけたら嬉しいと思っています。


20120101 2012-元旦-コラ-2.jpg


さて今年のお正月は、雰囲気だけ、お正月っぽくしようと試みました(笑)。
あまりお節(おせち)を好まない我が家ですが、好きなものだけは仕込み、
あとはお節というわけではないけど、お酒と相性のよいものをいくつか準備しました。


夫のリクエスト、数の子と鰊の昆布巻きも及第点だったようです(^m^ )。


20120101 2012-元旦-3-2.jpg


茹で豚はほんのり中華風。
しっとり柔らかで美味しくできたと思います。
レシピは改めて^^


20120101 2012-元旦-4-2.jpg


初めて作った伊達巻きは、、、
ははは。なんか、笑っちゃう出来ですけど、味はおいしかったです(*^m^*)
ほんとはオーブンで作る方法を聞いたんですけど、
ウチのオーブンの天板、巨大なのしかないんですよね。
で、グラタン用の四角い皿で作ろうか?と思ったのですがそれでは小さ過ぎて、
結局フライパンで作ったのです。
フライパンにくっついていた面がイヤに黒っぽくなってしまいましたが、
焦げたわけではなく、苦みなんかはないんですけど、、、なんだかブラックジャックの顔みたいですよね(爆)。
しかも巻き終わりの部分を下にしようとしたのですが、この角度じゃないと安定しなくて。
まあ、、ご愛嬌ということで(^-^;)。


20120101 2012-元旦-12-2.jpg



こんな感じの本年のスタートです。


今年もいろいろな機会に、みなさまとお会いできるのを楽しみにハート







************************************

2つのランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです(^-^)。ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

************************************
posted by ゆりり | 16:58 | 季節・行事 | comments(12) | - |