CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ゆりり亭について
「ゆりり亭」に遊びに来てくださってありがとうございます。
わたしは料理の勉強もしたことのない、ごく普通の(飲んべえ&大食漢の)主婦ですが 時々、自宅にお客様を招いてひたすら飲んで食べる会を催しています。
普通の小さなマンションが、その日だけ「ゆりり亭」に変身するのです。

ここにはわたしが日々作っている料理のレシピを中心に綴っていこうと思っています。
簡単だけど、丁寧に、愛情を持って。
美味しいと言ってもらえることが何よりの喜びです。

このサイトに掲載されている写真とレシピの無断転載などはお断りいたします。
つたないものですが、一生懸命作っていますので、どうぞよろしくお願いいたします♪
ブログランキング
2つのランキングに参加しています♪ どちらもポチ♡していただければとても嬉しいです(^-^)。 よろしくお願いいたします。 人気ブログランキングへ
BRUNO Style
Search this site


   
2014年9月に東京から福島県の鏡石町へお引越し。
美しい小さく静かな町で、第二の人生が始まりました。
2015年5月より、少人数制の料理教室もスタート♪
アボカドとカリフラワーのパスタ、そして、おざわ農園さんのこと
20160616アボカドとカリフラワーのパスタ.jpg


先日生パスタを作った時(→コチラ)、残った分で作りました。
これは本当に美味しくできて大満足でした(自画自賛)!


【材料】2人分
パスタ … 生パスタで1人分が120gくらい、乾麺なら100gくらい
カリフラワー … 200g
アボカド … 1個
ベーコン … 65g ※自家製を使っています
豆乳 … 100ml
水 … 200ml
塩麹(ペースト) … 小さじ1〜
塩 … ふたつまみくらい
オリーブオイル … 適量
胡椒 … 適宜
【作り方】
カリフラワーは小房に分けます。
アボカド1〜1.5センチ角くらいに切ります。
ベーコンは2ミリ厚くらいの短冊に切ります。

鍋にオイルとベーコンを入れて弱火にかけベーコンがかりっとしてきたらカリフラワーを加えます。
軽くまぜ、水を加えて15〜20分くらい、カリフラワーが柔らかくなるまで煮込みます。
カリフラワーが柔らかくなったら木べらなどでカリフラワーを潰します。
アボカドと豆乳、塩麹を加えて少し煮込み、少し固めに茹でたパスタを加えて1〜2分加熱します。
味をみて塩で整えます。
器に盛り、胡椒を挽きます(お好みで白でも黒でも)。
 ※今回はチャイブがあったので刻んでトッピングしています。


20160616アボカドとカリフラワーのパスタ-2.jpg


とろりとしたソースがパスタに絡んでとてもクリーミーで美味しかったです♡
濃厚なわりには健康的(?)なパスタだと思います(*´m`*)。

ここのところずっとアボカドが冷蔵庫に常備されていますが、わりといい感じに熟したタイミングで使えています。
わたしは買ってきたら2日ほど常温に置いておき、それから冷蔵庫の野菜室に移しています。
冷蔵庫に入れてからはなるべく早く食べたほうがいいのだと思いますが、
ついつい忘れてしまったりタイミングを逸してしまったり、、、ということもありますが
5日くらいは全然問題ないかな?というよりむしろいい感じになっていることが多いです。
たまたま運がよかったのか、、、でも、そんなわけで
以前はアボカドの「当たり」に当たらないな〜と買うのを控えていたこともありましたが、
最近は自信満々で買い、自信満々で使っています(*`艸´)。
それでも、、やっぱり教室で使うのはちょっとコワい食材の筆頭ではありますね〜(笑)。



さて。
おまけ的地元情報を^^


20160616苺パイ.jpg


今年は本当によく苺を食べました。
近所にとてもよい苺農園があることを教えていただいたから(情報もと→ご近所のピッツェリア「ナストロ」さん)。
それは須賀川市の「おざわ農園」さん。
須賀川市はわたしの実家のあるところで、わたしが今住んでいる鏡石町のお隣なのですが
おざわ農園さんは、須賀川と鏡石の境目くらい?なのかな、ウチからとても近いのです。
わたしが畑を借りている牧場からすぐのところにあります。

おざわさんでは、その日販売する分はその日収穫した完熟したものだけで、売切れたら店じまいとなります。
また繁忙期は予約しないと買えない日も多いのです。
そしてまた、よそには卸していないので、そこに買いに行くしかないのです。
予約してでも絶対食べたい(予約が1週間後くらいでないと取れないこともあります)のがおざわさんの苺なのです。

わたしのお気に入りは、小粒の不揃いのものがみしっと入った箱。
以前にもブログでご紹介しています。
それがもう、ホントにホント、
今シーズン最後というところで買ったのを惜しみつつ食べていたのも無くなってしまいました(TOT) 。。。

このパイはそんな最後の苺で作ったものです。
冷凍のパイ生地を焼いて、苺を乗せて、
絞った苺ジュースにお砂糖を少しだけ入れてコーンスターチで固めたのをかけています。


20160616苺パイ-2.jpg


苺の旬というのか、一番出るのは1〜2月頃らしいのですが、
わたしは個人的には寒い時にはあんまり冷たい果物とか食べたくないんですよね^^;
やっぱり暖かくなってきて、身体が自然に水分を含んだものを欲するようになるというか、、
ちょうどそんな頃におざわさんの苺を欠かさず購入できて、本当に幸せなシーズンでした(*´m`*)。

次は11月の終わり頃からだそうです。
近くのかた、ぜひぜひ、いらしてみてくださいね。
HPなどはないので、ネットで情報を探してみてください♪
ライバルが増えるのは困るんですけど(爆)、
こういう農家さんがいるってことを知って欲しいなあと思います♪








************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 11:43 | パスタ | comments(0) | trackbacks(0) |
大葉ペーストのパスタ(蛸入り)と、最近のパスタ
20160315大葉ペーストのパスタ-2.jpg


ちょっと前に、おすそ分けしていただいたバジルでペーストを作ってニョッキを食べたことを書きましたが(→この記事
今回は袋にぎゅぎゅぎゅっと詰まった不揃いの大葉が安かったのを買ったので、それを使うためにペーストを作りました。

*大葉ペースト覚え書き

【材料】6〜7人分
大葉 … 70枚くらい(60gくらい)
クルミ … 30g
塩 … 小さじ1/2
オリーブオイル … 適量 ※出来上がりの総量からすると150gくらい
※パルミジャーノ

【作り方】
フードプロセッサに大葉とオイルを入れて撹拌します。
 ※一度には混ざらないと思いますので、適宜葉を動かしたりオイルを追加したりします。
クルミを加えて更に撹拌し、塩で味をつけます。
オイルは好みのペースト状になるまで適宜加えます。

作った分量を使い切る場合はパルミジャーノも加えて撹拌します。
一部を使い、残りを保存する場合は、使う分にだけパルミジャーノを好みの分量加えます。
一人前大さじ1くらいか、もうちょっとくらいでしょうか。
モノによって味や塩分が違うと思いますので、味をみて調整します。


20160315大葉ペーストのパスタ.jpg


できたペーストで蛸入りのパスタを作りました。
茹で蛸の足1本分です。
蛸をオリーブオイルでさっと炒め、大葉のペーストを加えてまぜ、
茹で上がったパスタを和えるだけです^^
美味しいですよ♪


前にも書いたことがあったかもしれませんが、わたしが若い頃はバジルなんて普通に見ることはありませんでした。
そういえば、むかしはバジリコということのほうが多かったと思うのですが、
今は生もドライもバジルという名前で売られていますよね。
イタリア料理で使うことのほうが多いのだからホントはバジリコと言うほうがいいのかな?
まあ、それはおいといて、そもそも昔はバジリコといいながら大葉だったりすることも普通にありました(よね?)。
でもわたしはスパゲティ(パスタとも言わなかった)の文化とはまるで縁遠いところで育ったので
進学して東京に出てきて先輩や都会育ちのお友達にスパゲッティ屋さんに連れていってもらった時は
どぎまぎして何がなんだかわからなかったし、当然バジリコもどういうものか知らないのだし、
バジリコスパゲティが大葉スパゲティだったとしても、まあ、あまり関係なかったわけです。

それなのに(?)ちょっとモノを知るようになったら、
大葉を使うなんてヘンじゃない?なんて思うようになったり(笑)。
今は、どっちも美味しいんだから、大葉は大葉で使えばいいよ、と(*`艸´)。


そうそう、まだ独身だった頃、新婚の先輩宅に遊びに行ってお昼ご飯をご馳走になったのですが、
それはタラコスパでした。
本当に美味しくて、そんな料理ができる彼女を心から尊敬しました。
その時自分もいつかこんなふうにスパゲティを作れるような人になりたいと思ったのですが、
もしそれがわたしの「夢」のひとつであったなら、「叶った夢」のひとつとも言っていいかもしれません^^

ああ、なんか大葉のペーストで昔のことを色々思い出しました(笑)。
さて、ここから少し、ここのところのパスタを。


20160306トマトパスタ.jpg


パスタで、わたしが一番多く作るパターンはこれかな?
トマトソースのもの。
今は生のトマトがないので(あっても地元のものではなく高い)もっぱら水煮のパックを使っています。
最近はカンではなく紙パックのものを買っています。
カットされたものと、粗漉しタイプのもの2種類。

一番シンプルなのは、ニンニクをオリーブオイルで炒めてトマトの水煮を加えて煮込み、
水気が飛んでカサが2/3くらいになったらオレガノなどを加え、塩麹+塩で味を整えるというもの。
紙パック1個で2人分のソースになります。

辛くしたい時は唐辛子を加えます。
コクを加えたいときは自家製ベーコンを入れたり、ボリュームを出したいときはソーセージを入れたり。
そもそもトマトの水煮を使っているので野菜は結構とれているんですが、
茸類を加えたり、この写真のようにソースとは別にルッコラなどをどさっと添えたりすることもあります。
パルミジャーノをバサバサと加えるのも我が家(わたし?)流です。
今は塊のパルミジャーノと、パルミジャーノを粉にしたもの(いわゆるパルメザンチーズとして売られているのとはちょっと違うもの)を両方使っていますが
粉になっているもののほうが手軽でつい、そちらを使ってしまいます(*´m`*)。

このトマトソースは本当に短時間でできて、簡単で失敗知らず、しかも美味しいので、ほんとによく作ります♪


20160304菜の花のパスタ.jpg


これは菜の花、、ではなくアスパラ菜とベーコンのパスタです。
オリーブオイルで炒めてパスタの茹で汁も加えて絡める、というもの。
味はやはり塩麹+塩ですね。
ニンニク、唐辛子はその時の気分で^^


20160226キーマカレーのせパスタ.jpg


ミートソースにも見えますが、実はキーマカレーのパスタ(笑)。
こういうのも美味しいですよね(*`艸´)。
目玉焼きは必須ではないんですけど、なんとなく乗っているとテンション上がります。


オマケ。

20160312しらす入り炒飯.jpg


しらす入り葱炒飯。
お助けメニュー的なものが美味しくできると幸せです(*´ー`*)。







ひらめき4月のお教室 - 韓国風料理の献立


*チャプチェ(春雨の和えもの)
*ナムル盛り合わせ (その時の野菜の仕入れ状況で3〜4種類)
*トマトとレタスのスープ
*ご飯
*黒胡麻白玉団子


8日(金) … 残2名さま
9日(土) … 残1名さま
22日(金) … 残2名さま
23日(土) … 残1名さま


*教室へのお問合せ、お申込はHPのお問合せフォームよりお願いいたします。



*万が一お問合せフォームでお送りくださったのに丸一日たってもこちらからご連絡がない場合は、大変恐れ入りますがブログの最新記事にその旨コメント欄にお残しください。
その場合、メールアドレスを記入する欄がありますので、そちらにアドレスを書いてください(ここには掲載されません)。


*ブログやHPに教室の案内を掲載する前に、事前にメールアドレスを登録いただいた方にご案内をお送りしています。
今回お教室への参加がない場合も、今後早めに日程等をお知りになりたいかたは上記フォームよりご連絡ください。










************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 22:45 | パスタ | comments(0) | - |
じゃが芋のニョッキとアラジンのトースター
20160111ニョッキトマトソース-4.jpg


昨日、パントリーで芽が出てきているじゃが芋を発見し、消費してしまうべく大量のニョッキを作りました。
どのくらい大量かといいますと、、、


20160109じゃが芋のニョッキ-4.jpg


こんな感じです^^;
今回のニョッキのレシピは*コチラ*を参考にさせていただきました。
で、このレシピの倍量で作ったので、じゃが芋は正味1キロほど、粉は300gほどです。
レシピのページを見てくださるとお分かりかと思いますが、これを普通の捏ね台の上でやるのは結構大変でした(笑)。

で、決して捏ねないというのと、最後の行程の「だいたいまとまってきたら両手でまとめ、体重をかけて押しつぶすように両手で軽くこねる。」の加減がよくわからず^^;
いつもは最初から捏ねていたので、、(汗)。

それで普通の麺やパン作り等の時にもそうなんですが、わたしは粉ものを長細い棒状にするのが苦手なんですね。
今回の生地は結構空気が入っている感じでいつもにもまして不格好な棒状にしかならなかったので
切ったものをさらに軽く丸めてから形作っています。


20160109じゃが芋のニョッキ-5.jpg


何も溝のないのが指で、太い溝はフォークで、細い溝はニョッキボードでそれぞれ成形しています。
変えたのは、、単純にひとつの方法だと飽きるからです(*`艸´)。

こんなんでいいのかな?と思いつつ食べたニョッキでしたが、とても美味しかったです。
モッチリしすぎてないのがいいのかな。
すごく好きな食感でした。


写真は今日のお昼に作ったもの。
ニョッキが見えていませんが(笑)。


20160111ニョッキトマトソース-6.jpg


取り分けるとニョッキも登場♪


20160111ニョッキトマトソース-5.jpg


昨日作った我が家の定番、牛肉と白インゲン豆のトマト煮込みをかけ、チーズを乗せて焼きました。
すごく美味しかったです♡
いつもはショートパスタでやるパターンですが、ニョッキ、合いますね^^


ちなみに、昨日ニョッキを作って食べたお昼はこれ。
冷凍してあったバジルソースで和え、パルミジャーノをふりかけたもの。


20160109じゃが芋のニョッキ-2.jpg




さて!
我が家にアラジンのトースターがやってきました(唐突)。
本日のニョッキの一皿はこのトースターで作ったのです。

どんなトースターかといいますと♡


20160111アラジン.jpg


こんなのです〜〜〜〜〜〜〜♡♡♡(←かなり浮かれている)

ウチにはいわゆるオーブントースターがずっとありませんでした。
なぜかといいますと、今を遡ること20年??
近くのホームセンターのようなところで安いオーブントースターを買ったんです(でも国産メーカー品)。
そうしたらそれが、使い始めてすぐにモクモクとした黒煙を出すようになり、怖くなって廃棄。
今ならメーカーに電話をしてどうにかして、って言うところなんですが
その頃のわたしにはそういう知恵も度胸も何もなかったんです。
それ以来、オーブントースターはなんとなく敬遠していたんです。

でも、オーブントースターがないというのは随分と不便なものです。
我が家には東京にいた頃から大きなガスオーブンと、
電気で小型のデ○ロンギのコンベクションオーブンがありました。
でもトースト1枚焼くのにはどちらも不便。
やっぱり欲しいなーと思っていたところに、このトースターを発見したのが去年のこと。
さんざん悩んで、年が明け、えいっと買ってしまったというわけです。


20160111台所.jpg


台所の見える場所にはいわゆるキッチン家電は置きたくないと思って、
電子レンジ、コンベクションオーブン、ホームベーカリー、コーヒーメーカーなどなど、
パントリーのほうに置き場所を作ってあって、
今回のこのトースターはどうしましょう、、、と迷っていたのですが
届いた実物を見たら、そのあまりの可愛さに「見えるとこに置こう♡」と宗旨替え。
テンション上がって、あちこちから写真撮ってます(爆)。

今朝使い初めでピザトーストを焼いたんですが、あっという間にチーズがフツフツ言い始めます。
温度が上がるのが早いのが購入を決めるポイントではあったのですが、それにしても想像以上。
それでニョッキもこんな調理にしてみたわけです^^


20160111ニョッキトマトソース.jpg


ニョッキは茹でたて、トマト煮込みも温めてあってそれをアラジンへ。


20160111ニョッキトマトソース-3.jpg


ものの4〜5分でできました♪
(もう1〜2分焼いてしっかり焼き色をつけてもよかったか)
オーブンだったらまだ余熱してるような時間です^^
すごいなー。すごいなー。その上可愛いなー。
家電でこんなに興奮したのはほんとに久しぶりです。なに以来かわからないくらい。
あ、ミンサー以来かなー(笑)。
いや、、、これがあった♪





これです^^
ここのところ何回かご紹介させていただいていますが、
アンバサダーをさせていただいているBRUNOのIDEA LABEL(イデアレーベル)・「ハンディフードシーラー」
これはほんっとに便利で、最近はもうこれに頼りっぱなしで手放せません。

お節の時にも書いたと思うのですが、柔らかいものは予めアルミのトレーなどに乗せて急速冷凍し、
それからこのパックに入れて真空にするのがわたしの使い方です。


20160111フードシーラー.jpg


挽肉も同じで、ミンサーで挽いた肉を小分けし、冷凍してからパックしています。
最初はラップで包んでそのまま真空パックしていたのですが
脱気するパワーがすごいせいか、肉汁がラップの外にはみ出てしまうんですね。
なので先に冷凍しています^^


20160111フードシーラー-2.jpg


ベーコンも必要なだけ切ったらまた真空に。
チーズ、生ハムなども。
冷凍もこのパックで真空にすると霜などがつきにくくいい状態が保てています。
あまり宣伝が得意なほうではありませんが(笑)、これは使えると思います^^


あ。話がそれた(?)ついでに、、、


20160110ラード.jpg

20160111ラード.jpg


昨日ミンサーで豚の挽肉を作った時に、少し多めかなと思った脂を切り落しました。
いつもはそのまま捨ててしまうのですがふと思いついて、ラードを作ってみました。
ただ鍋に入れて火にかけ、豚肉がカリカリになったら火をとめて粗熱が取れたら漉す、それだけです。
今日になって調べたら水と一緒に加熱するというのが一般的?みたいでしたが、、、
どうなんでしょうか、脂だけじゃダメなのかな?
今度炒飯を作る時にでも使ってみようと思っています。
香りはいいですよ^^


もうひとつついでに。
今回のニョッキ作りに使った道具。


20160111道具.jpg


じゃが芋の裏ごし器と、粉もの(ホントは餃子)を乗せる中国の蓋聯。
裏ごし器は皮をむかずに使えるのですが、大量にやってたら少し皮が混じってしまった^^;
蓋聯は今では中国でも売られていないようですが、
息子のお嫁さんがお祖母さんにお願いして作ってもらってくれました^^。





オマケ的な写真がまだ山ほどあるのですが、、、
今回は長くなったのでこのへんで。
テンション高かったですね(爆)。













************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 15:09 | パスタ | comments(0) | - |
パスタ2種 〜 豆乳を使って
20151105ほうれん草とベーコンのパスタ-2.jpg


シチューかグラタンのようなものを作ろうかと思って1Lの豆乳を買ったのですが
結局予定していた材料が別の料理になってしまって(よくある)、パスタになりました^^

これはほうれん草と自家製ベーコンのパスタです。
ほうれん草が多過ぎますが( ´艸`)、
こちらのファーマーズマーケットではほうれん草がとっても安くなってきて
モリモリと詰められたものが100円前後で購入できるので。つい欲張って。

作り方を簡単に。
フライパンにオリーブオイルと潰したニンニク、細切りにしたベーコン(60gくらい)を入れて弱火でカリカリになるまで炒めます。
豆乳1カップと茹でて水気を絞り3〜4センチに切ったほうれん草1把分、塩少々を入れて加熱します。
標準茹で上げ時間より2分ほど早めにあげたパスタを加えてスープを吸わせ、
パルメザンチーズ大さじ1〜2を加えてざっと混ぜます。
器に盛り、真ん中に温泉卵を落とします。



20151104ゴルゴンゾーラの豆乳ペンネ.jpg


こちらはゴルゴンゾーラのペンネです。

作り方。
フライパンにオリーブオイルと潰したニンニク、ベーコン(30gくらい)を入れて弱火で加熱し、
豆乳1カップを加え、ゴルゴンゾーラ(40gくらい)をちぎりながら加え、溶かします。
茹でたペンネを加え、パルメザンチーズ大さじ2〜3を加えます。
器に盛り、黒胡椒を挽きます。
バゲットを添えてスープを拭って食べるのも美味しいです^^



という感じで、どちらも材料や作り方はとても似ています(*´ー`*)。

お好みなんですが、わたしはショートパスタ(特にペンネ)は固めじゃないほうが好きなので
スープに入れる前に十分に茹でておきます。
ロングパスタのほうはスープに入れる分も含めて標準茹で時間よりやや短めかなと思います。

パルメザンチーズは、以前も何かの記事で書いたかもしれませんが
いわゆる普通の(?)パルメザンチーズとは違って、
添加物等を加えず、チーズだけを削ったものが大容量で冷凍されているものを購入していています。
最近、同じお店で塊(1キロ(爆))のパルミジャーノも買って、
粒々感とか塊感が欲しいときやサラダに加える時はそちらを使っています。
どちらも小分けして冷凍してあります。
あ、ゴルゴンゾーラも同じお店で購入しています。


それと。。。
このパスタに乗せた温泉卵ですが。。。

20151105ほうれん草とベーコンのパスタ.jpg


これは正確には「温泉卵風」です。
温泉で作ってないので( ´艸`)。
わたしは温泉卵が好きで時々買っていたんですけど、ふと閃いたんですねー。
もしかしたらヨーグルトメーカーでできるんじゃないかって。
・・・そう思ってネットで調べたら、とっくに皆さんやってらした(笑)。
そりゃ、わたしが思いつくようなことですもんね^^

作り方は簡単で、多分失敗はしないと思います。
わたしが使っているのはコチラ
最近は塩麹もこれで仕込んでいます。
お試しなので4つで作りましたが、最大で8個くらいは入るんじゃないかな??
容器に卵を入れて65度のお湯をかぶるくらいに注ぎ、蓋をして65度にセット、2時間放置、以上です。
室温に置いておいた卵なら1時間くらいでよいようです。
温泉卵、買うと高いですからね。
これで心置きなく使えます(*´m`*)♪











************************************


ランチ たかはし ゆり HP ランチ

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 08:42 | パスタ | comments(0) | - |
グリンピースのニョッキ 〜 道具から入る料理
20150616グリンピースのニョッキ-6.jpg


季節が季節だけに、、この写真って微妙すぎないか???と、
自分で自分に大いにつっこみを入れずにはいられないわたしです^^;

さて、何もないお昼はたいていパスタを茹でるか、他の麺類にするかというところですが
今日はまあこれもパスタの部類でしょうか、ニョッキを作りました。
で、じゃが芋の他に今がまさに旬のグリンピースを加えてみました。
そして、、グリンピースを加えたのにも、そもそもニョッキを作ろうと思ったのにもワケがあります。

最近母から貰った道具を使うためです(笑)。


20150616グリンピースのニョッキ-7.jpg


ムーランとポテトマッシャーです。
どちらもイタリア製でした。
母に聞いたら、使った記憶はなさそうです(爆)。


とりあえず、レシピの覚え書きを。

【材料】
じゃがいも … 漉して400g
グリンピース … 漉して150g
00粉(強力粉タイプ) … 160g
パルメザンチーズ … 50g
卵(Mサイズ) … 1個
塩 … ひとつまみ

バター・ハーブ塩・パルメザンチーズ・黒胡椒 … 適量

【作り方】
じゃが芋は皮ごと茹で、柔らかくなったら皮をむいてマッシャーで潰します(裏ごししても)。
グリンピースは柔らかく茹でて裏ごしします。
ボウルにじゃが芋、グリンピース、粉、パルメザンチーズ、塩を入れて
木べら等で捏ねないようにさくさくと混ぜ合わせます。
全体がほろほろとしてきたら卵を割り入れて同じくへらで混ぜます。
手で押さえつけながら、半分に折って押さえ、向きをかえて押さえ、、と繰り返します。
全体が均一になったら2センチ径くらいの棒状に伸ばしてスケッパーなどで1センチ幅に切ります。
軽く丸めてニョッキボードやフォークの背で転がして筋をつけます。

熱湯で2分ほど茹で好みのソースで。
今回はソースを作る時間がなかったので^^; バターとかで適当に。
適当だったけど美味しかったです( ´艸`)。


20150616グリンピースのニョッキ-5.jpg


グリンピースは思ったほど主張しなかったので、次回はもう少し比率を上げようかな?と思います。
グリンピース、夫はあまり好きではないようですがわたしは好きで、
新鮮なものが出回る今、買ってはすぐに冷凍庫に放り込んでいます(*´m`*)。
それほど持たないとは思いますが、グリンピースがたくさんあると思うとそれだけで幸せです♡


さて。道具のはなしですが。


ムーランというのはもともとイタリアで作られたんでしょうか?
漉し器なんですが、これが実家にあったとはねー。知りませんでした。
最近ほぼ料理はしない母の台所を少し整理しようかと時々棚の中を覗いているんですが
ホント、こんなにあれこれためこんで(買い込んで?)いたのかと驚きます。
そして、そのほとんどを使っていなかったらしいことにも驚きます。
道具フェチだったんでしょうね。自分を見るようでイヤだ(爆)。


20150616グリンピースのニョッキ-8.jpg


これ、わたしも初めて使ったんですが、実はそれほど期待していなかったんです。
やっぱり普通の裏ごし器のほうがいいよね、ってことになるんじゃないかと。
で、やってみました、グリンピース。


20150616グリンピースのニョッキ-2.jpg


これでハンドルをグリグリと回しますね。
(ハンドルが錆びていて回らなかったので錆を落としてから食用油を塗ったりしてメンテしました^^;)


20150616グリンピースのニョッキ-3.jpg


やや暫く回していると、グリンピースの皮の部分だけが残っています。
もう少し漉せるんじゃない?とここからもうちょっと頑張りましたが(笑)。


20150616グリンピースのニョッキ-4.jpg


そして漉したのがこちらです。
おー。柔らかい♡
普通の漉し器を使うよりずっとずっとラクでした!
そしてムーランはバラバラになるので後始末も楽チンです。



20150616グリンピースのニョッキ-9.jpg


そしてこちらはポテトマッシャー。


20150616グリンピースのニョッキ-10.jpg

20150616グリンピースのニョッキ-11.jpg


ここに皮をむいたじゃがいもを入れてぐいっと一押しすればOKです。


20150616グリンピースのニョッキ.jpg


これはすでにコロッケ作ったりで使っていたんですが、これは面白いっていうか便利です。
ポテトサラダの時はゴロンとした塊も残したいし、あまり滑らかなのじゃないほうが好みなので
普通にフォークやら木のマッシャーやらで潰していますが。。
で、茹でたじゃがいもの皮をむかずにマッシュすることもできると、どこかで見たように思うのです。
皮だけ残るって。
でも怖くて試せません^^;
もしそうだったらとんでもなく楽ですねー^^



どちらも愛嬌があって可愛らしくて、しかも便利で。
ほんとにいいものを貰いました(*´ー`*)。
それにしても、、、、母はいったい何を作りたくて、いつどこで買ったんでしょうかー(◎_◎;)








************************************


たかはし ゆり HP

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 14:48 | パスタ | comments(0) | - |
アサリとキャベツの1つ鍋のスープパスタ
20150527アサリとキャベツのスープパスタ-2.jpg


ほったらかしで出来る1つ鍋のパスタはお昼の定番のひとつです^^
今回はアサリとキャベツで作りました。

1/2個分くらいをざくざくと四角く切った春キャベツと、ショートパスタ160gを鍋に入れ、
ひたひたの水を加えます。
今回は残っていた塩トマトも入れてしまいました。
多分、1/2カップ分くらいでは?と思います。

パスタがほぼ柔らかくなったら塩麹を大さじ1くらいとアサリを加えます。
アサリの口が開いたらできあがりです^^


20150527アサリとキャベツのスープパスタ.jpg


お好みで最初にキャベツをオリーブオイルで炒めても。

器に盛ってからディルを散らし、黒胡椒を挽きます。
塩トマトがたくさんあったら、それだけで味付けをしてもいいかもしれないです♪
トマトの酸味とディルの香りとアサリの風味、キャベツの甘み。
これはわたしにとってはとても好みの味でした。

ディルはハーブの中でもかなり好きなもののひとつ。
特にフレッシュのものは♪

実はベランダガーデナーであったころから時々ディルを育てていました。
でもどうにもひょろひょろと伸びるだけでワサっとしてこないんですね。
庭でワサワサとしているディル、、というのが憧れでした。

そして、、、(笑)

20150527ディル.jpg


最近ちょっとワサワサしてきたディル♡
本当はもう少し広いスペースをディルだらけにしたいくらいなんですが(*´m`*)。
でも、このくらいでもすごく嬉しい。贅沢を言い出したらきりがないですよね^^;
香りも買ってきたものより数段よいのです。



20150527ポテトサラダ.jpg


朝作ったポテトサラダ。
これにはパセリを使ったのですが、ディルにすればよかった〜と、パスタを食べながら思いました。
最近のポテトサラダはアンチョビ入りがお気に入りです^^



以前行方不明となった老猫のけんですが、、、
庭をじーっと見ていることが多く、わたしたちが外にいると家の中から
「オレのことも出せ〜」と言っているように鳴き続けます。

で、、せっかく庭のある家に越してきたのに、
けんだけをこの気持ちのいい空間に出してあげないのはいかにも可哀相では?と。
でも、またいなくなったら大変、という気持ちもあり。

そこで首輪をして、ももが小さいころ買って結局はあまり使うことのなかった長いリード(8mだったかな)をつけてみました。
短いリードをつけたときには嫌がって暴れたのですが、これはほとんど気にならない様子。


20150527けん.jpg

20150527けん-2.jpg


へっぴり腰で庭を歩きます。


20150526けん.jpg


キャットミントを見つけてハムハムとします(*´m`*)。
けんは野良時代に感染した病気が原因で抜歯をし、現在歯は1本もありません。
齧り取れないけど、楽しそうでした。


20150526けん-2.jpg


近所の物音にはとても敏感に反応します。
家の外に行ってしまうのは困るけど、庭で少しのんびりとしてくれたらいいなあと思っています。





6月のお料理教室のお申込を受付中です♪




************************************


たかはし ゆり HP

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************





posted by ゆりり | 13:53 | パスタ | comments(0) | - |
ペンネアラビアータ・リメイク と 最近のパスタ少し
20150504ペンネアラビアータ・リメイク.jpg


困った時のご飯にはパスタが登場することが多い我が家です。
ここひと月ほど、パスタ登場率はかなり高かったです。
そんなに困っていたのか?というと、うーん、、よくわからないのですが^^;
翌日のお客さまのための料理の仕込みはしたけど、今夜自分たちが食べるものがない!とか、
夜食べるものの用意はしたけど、お昼に食べるものがない!的な。
計画性がまるでないっていうか。

それで昨夜はなんでパスタになったんだったか(笑)。
ともかく、主に夫用としてペンネアラビアータを作りました。
(他にもちょこっとおかずはありましたよ、一応(*´m`*))

それが残ったのを今朝リメイクしたのがこちらです。


20150504ペンネアラビアータ・リメイク-2.jpg


イッタラのお皿に乗せて、溶けるタイプのチーズを乗せて、パルメザンも振って、
オリーブオイルを回しかけオーブンで焼きました。
で、クレソンを乗せ、また更に少しだけパルメザンを振りました。
美味しいと夫にウケました^^

イッタラのお皿は丈夫だしオーブンにも対応しているので日常使いにかなり便利ですよね♪


で、撮ってあった写真を見ていたら、同じようなものが(笑)。


20150418ペンネアラビアータ.jpg


多分これもペンネアラビアータでしょう。
そしてルコラを乗せていますね。
わたしはどうもこのパターンが好きみたいです(*`艸´)。



20150428こごみとたらの芽のパスタ.jpg


これはこごみとたらの芽のペペロンチーノです。
ふきのとうとか、たらの芽のほろ苦さは春の味わいですよね。
ウチは天婦羅をほぼ作らないので、山菜はこんな風にちょっとずれた食べ方をしています(`m´#)。


20150503春のパスタ.jpg


こごみとたらの芽の茹でたのが残っていたのでまたもやパスタに。
油菜も一緒に。
ニンニクとオリーブオイル、それに醤油の味付けです。



20150408塩麹鶏と春キャベツのパスタ.jpg


これは(多分)塩麹鶏と春キャベツをくたっと煮てパスタにしたものだったはず。
こういうパターンは、ショートパスタだと1つ鍋で作ることが多いのですが、
ロングパスタはなんとなく別茹でにして、早めにあげてソース側に投入してくつくつっとします。



20150427茸マリネのパスタ.jpg


定番の茸のオイルマリネを使った、定番のパスタ^^
これはもう、ホントにラクチンです。
何もしなくて美味しいので。
これはウインナーソーセージも入れてますね。ちょっとご馳走(^m^)。



20150420茸マリネのパスタかな.jpg


ホワイトソースの煮込みの残りでグラタン風のものを作ったのだったと思います。多分。








これらは、ほんとに困った時に(笑)よく作る卵系のパスタです。
茹でたパスタに卵とパルメザンチーズをまぶすのが基本です。
もし冷蔵庫に牛乳か生クリームがあればそれを加えることもあります。
トッピングはないこともわりとありますね^^;
まあ、超簡単カルボナーラというか。






パスタじゃないのですが、番外編で太いビーフンの炒め。
味付けはねー、すっかり忘れていますねー^^;
美味しかったのでレシピを書いておこうと思ったのに、うっかり忘れてしまいました。
・・・っていうか、今、写真を振り返ってこんなの作っていたんだってビックリしました(爆)。
多分、胡麻油で炒めて、オイスターソース、ナンプラー、黒酢あたりを使ってると思います。
もしかしたら塩レモンも入れたかも。
また作ってみましょう、、、



写真を撮らないで食べてしまうことも結構ありますが、
こうして写真を撮っても、暫くするとなんだったのか、どういう味付けにしたのか
すっかり忘れてしまうことも多く、なんだか年を感じます^^;
写真を見て、あ、こんなもの食べてたんだって思うことも多いです。
写真を残していなかったら、ほとんど何も覚えていないのではないかと恐ろしくなる今日この頃です(汗)。










************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 14:23 | パスタ | comments(2) | - |
ミートソース入りラビオリ
20150324ラビオリ-4.jpg


ちょっと前から作ろうと思っていたラビオリを今日のお昼に作りました^^
中身は先日ラザニアとパスタの時に作って冷凍してあったミートソースです。 → コチラ


生地の材料は
00粉 … 180g
卵 … 2個(108g)
オリーブオイル … 小さじ1(4g)
塩 … ひとつまみ

これをパスタマシーンで薄く伸ばして具を挟みました。


20150324ラビオリ.jpg


ミートソースの水分がちょっと多めで、、、
その上欲張り過ぎてパンパンで^^;
ラビオリの具にする場合は調整が必要ですね。
そして練習も(笑)。


20150324ラビオリ-3.jpg


熱湯に塩少々を入れて4分ほど茹でました。
オリーブオイルとパルミジャーノをどさっとふりかけていただきました。

何種類か形を試すというか練習したので、
見た目はちょっとアレなんですけど、なかなか美味しくできました^^




飼い犬のももが、昨日8ヶ月になり、フードも成犬用に切り替わったので
ちょうどいいかなと、これまで3回だった食事の回数を2回に減らすことにしました。
朝6時前に食べてお散歩、お昼を食べて3時くらいからお散歩、戻ってきて少しおやつを食べ、6時頃夕ご飯。
それが、
朝6くらいからお散歩して7時過ぎに戻って朝ご飯、お昼はなしで、以降の予定は同じです。
ものすごく食いしん坊なので、お昼が食べられないのがとても悲しいらしく、
わたしたちがお昼を食べているのを見て、大騒ぎします。
かわいそうなんですけどねー、、、、^^;
わたしが近づくと鳴き止んでぴっとおすわりをして、つぶらな瞳で見上げてくるんです。
しっぽバタバタふって。
はー。早く一日二食になれてくれー。











************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 13:44 | パスタ | comments(0) | - |
ラザニアとごっついミートソースパスタ
20150306ラザニアとパスタ-7.jpg


実は先日ミンサーを購入しました。
電動のものです。
それで早速挽肉を作ってソーセージを作ったり、ミートソースを作ったりしました。

ソーセージ用は豚肉でしたが、ミートソースは安い輸入牛のもも肉とロース肉を半々にして800g弱くらい。
どちらもあっというまに挽肉になりました。
ミートソースのほうは食感がしっかり残る感じにしたくて一番粗い目で挽きました。
画像は撮ってません、、暗くなっちゃったので(笑)。


20150302ラザニアとパスタ.jpg


山のように作って、すぐにパスタソースにし、残りは冷凍保存にしました。

【材料】
牛挽肉 … 780g
玉ねぎ … 2個
人参 … 1本
セロリ … 1本
トマト水煮パック … 3個
赤ワイン … 1/2カップ
塩 … 小さじ1
塩麹 … 適量
オリーブオイル … 大さじ2
黒胡椒 … 適量

【作り方】
挽肉に塩を少々(分量外)をふりかけ、軽くまぜておきます。
玉ねぎ、人参、セロリはみじん切りにします。
鍋にオリーブオイルを熱し、野菜を炒めます。
玉ねぎが透き通って、野菜のカサが2/3くらいになったら挽肉と塩、赤ワインを加えて炒めます。
水分がほぼなくなるまで炒めたらトマトの水煮を加えます。
弱火で30〜40分ほど煮込み、味をみて塩麹を適量加え、黒胡椒を挽きます。

ミートソースと言いながら、結構野菜が多めですね(*´m`*)。


生地も手作りしてみました。


20150306ラザニアとパスタ.jpg


だいたい5〜6人分かなと思います。

【材料】

00粉 … 80g
セモリナ粉 … 80g
卵 … 2個(110g)
塩 … ひとつまみ
 ※オリーブオイルを少し入れるのを忘れてしまいました(汗)


20150306ラザニアとパスタ-2.jpg


薄く伸ばし、おおよそ10センチ×15センチ程度の長方形にカットしました。
ラザニアは1分ほど茹でて氷水に取り、布巾の上に置いて、上から布巾で挟んで水気を押さえます。
母の分も別に作ったのですが、ふとナイフとフォークを使うのは面倒かも?と思い、麺を細く切りました。


20150306ラザニアとパスタ-3.jpg


我が家の分は適当なベーキングディッシュがなかったので、野田琺瑯のタッパーで(*`艸´)。


20150306ラザニアとパスタ-4.jpg


大きさが変わらないように見えますが、母のは1人前の器です。
・・・まあ、一回では食べきれないかもしれないですね^^


20150306ラザニアとパスタ-6.jpg


一番下にミートソース、パスタ、ミートソース、ホワイトソース、パルメザンを繰り返し5層にしました。
ホワイトソースはバターではなくオリーブオイルで。
パルメザンは先だって大量に購入したものをこれでもかとばかりにバサバサと使いました(๑´◡`๑)。





最近わたしの生パスタに多少恐れを抱いている風の夫も、美味しいとパクパク食べてくれました(笑)。
他のパスタに比べると若干手間がかかるかもしれませんが、
パスタ生地、ミートソース、ホワイトソースを
それぞれ時間のある時に作って冷凍しておけばかなり楽に作れると思います^^
今回もミートソースが冷凍してあったので随分簡単にできました。


さて、パスタのほうですが、、、


20150303ラザニアとパスタ.jpg


うんともっちり、しっかりのパスタが食べてみたいと思って、器械じゃなく手で伸ばし、作ったのがコチラ。
ちょっとねー、ゴツかったですね(爆)。





14ミリの幅です。
いやいや、求めているものに近いは近かったのですが、この幅ではもっと薄く伸ばすべきでした^^;
子どもの頃、通っていた幼稚園の近くに小さくて古い手打ちのうどん屋さんがあって
母が時々連れていってくれるのがとても楽しいだったのですが、
そこのうどんが太くて腰があって、1本食べると結構お腹に溜まって、、、そんな感じ(笑)。





パスタは乾麺も美味しくて好きですが、こうして生パスタを続けて食べていると
やっぱり生パスタのほうが美味しいかも?と思う今日この頃。
パスタやパン、キッシュ、ちょっとしたお菓子に、まあホワイトソースも?かな?
毎日なんだかんだと粉まみれになりながら、苦手だった粉が愛おしくなってきています(*´m`*)。






ランチ 料理教室に伴う試食会のご案内 ランチ

料理教室を始めるお知らせをいたしましたが、試食会の日程が決っております。
 4月10日(金)・11日(土)・24日(金)・25日(土) 11時半〜13時半
 会費:2,000円
ご興味のある方はメールにお名前、ご住所、お電話番号を明記の上お問い合わせくださいませ。
 yuriritei★aol.jp
   (★を@に置き換えてください)

 ひらめき メールのエラーがあるようです。
 メールにお返事がない場合は、コメント欄にその旨お書き下さい。
 その際、メールアドレス記入欄にアドレスを記載してください。
 
よろしくお願いいたします(*´ー`*)。









************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************

posted by ゆりり | 13:42 | パスタ | comments(2) | - |
手打ちパスタでカルボナーラ、ほか
20150228手打ちパスタ-2.jpg


先日久しぶりに作った手打ちパスタで結構撃沈してしまったので、
新たな粉で再チャレンジをしてみました^^
粉はセモリナ粉も買ってはあったのですが、イタリアの00粉というのを使いました。
以前数回伺ったパスタ教室で使っていた00粉は同じ会社でもパスタに特化した粉だったのですが
それは業務用の25キロ入りしかないようなので^^;
ネットでなら比較的手に入りやすいものを購入しました。


20150227手打ちパスタ-2.jpg


青いのと赤いのがあって、青いのがパスタやパン、お菓子など、赤いのはピザに向いているそうです。
パスタは00粉だけで作ったり、セモリナ粉と混ぜたり、セモリナ粉だけで作ったりしますが
夫があんまりコシの強いパスタを好まないので、今回は確認の意味もあって00粉だけで作りました。


20150227手打ちパスタ.jpg


こんな道具を使いました。
これ、なんていうんだったかな、、、
引越し前にネットショップをうろうろしていてたまたま見つけて、思わずポチっとしたものです(笑)。
太さもいろいろあるんです。
道具フェチというか、何事もかたちから入るタイプなものです(*`艸´)。


20150227手打ちパスタ-3.jpg


粉は230g、卵2個(計測で116g)、塩ひとつまみにオリーブオイル小さじ1でした。
卵を先に計って、その倍量程度の粉にしたという感じです。
出来上がりの一人前のひと玉は約90gです。





このカルボナーラは生クリームや牛乳は入っていません。
2人分で、卵3個、ベーコン70gくらい、パルミジャーノ(粉)大さじ3〜4、黒胡椒です。


20150227手打ちパスタ-4.jpg


これはアンチョビ、自家製ツナ、そしてポエムのオイルパスタ。
パルミジャーノも結構たくさん(*´m`*)。
わたし用です^^


20150227手打ちパスタ-6.jpg


これはほぼ上のパスタと同じ材料をトマトソースで。
夫がトマトベースのほうが好きなのです。
作り置きのソースがあったのでちょうどよかった^^


思いだしたこともあるし、粉のせいもあるかもですが、
前回にくらべると劇的に(笑)美味しくなりました。
わたしはもう少しこしがあってもいいように思いますし、
もう少し太い(厚みがある)麺にしたい気もするのですが夫の好みではないかも。。。
また作ってみましょう♪

チーズは先日、ちゃんとした(笑)パルミジャーノ・レッジャーノを粉にしたものと
セルロースが入っていないシュレッドタイプのチーズをネットショップで大容量のものを購入したので
いろんな料理にバサバサと使っています(^m^)。
大量に買ったものは小分けして冷凍庫に入れています。
パルミジャーノは当面使う分は蓋付きの容器に入れてスプーンですくうようにしたので
今までのように容器から振り出す際のストレスもありませんし、何しろドカっと使えるのが嬉しい♪
昔はちゃんとパルミジャーノの塊をスリスリ削っていたこともありますが、
塊といっても高いので大きいのは買えないから削りにくいし、賞味期限も気になるし、固くなるし。。。
今回のチーズはよい買物だったなと満足しているところです。






最近粉を使うことがとても増えてきたので、台所の引出しのひとつを粉専用にしました。
ここに入っていたものをヨソに動かし、その先のものをさらに動かし、、、
なんてやっていると本当にもう、収納っていつ最終的なかたちになるのかわからなくなりますね^^;
ラベルをちゃんと作って、、と思っていたのですが、なかなかその時間もなく、こんな感じ。
自分がわかればいいんです(*´ー`*)。








************************************

3つのランキングに参加しています。
いつも応援していただけて本当に嬉しいです(^-^)。
ありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
人気ブログランキングへ





************************************


posted by ゆりり | 05:31 | パスタ | comments(0) | - |